このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” 第198回

猫駅長を激写!? 会津若松の猫

2011年05月06日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

飼い主を引っ張って歩く猫

軒下を歩いてるクロネコの親子。後ろからちょこちょこついていく子猫が可愛い(2011年4月 ニコン D7000)

軒下を歩いてるクロネコの親子。後ろからちょこちょこついて行く子猫が可愛い(2011年4月 ニコン D7000)

 まあそれも旅の常。しょうがないので街を散歩してると、民家の軒下を歩いてるクロネコを発見。おもわずカメラを向けると、後ろから真っ黒い子猫がとことこと歩いている。

 ひゃあ。これは撮りたいっ、とこっそり近づくのだが、敏感な猫がそれに気づかないわけもなく、子連れだとよけい警戒心も強いわけで、家の下にするすると潜っちゃった。さすが猫。軒下に隠れ家があったのだ。

 もう出てこないかなと目を凝らすと、子猫が潜り込んだ穴の奥に光る目が4つ(前ページ冒頭写真)。

 ひゃあ。じっとこっちを見てる。近づいて行っておやつをあげたいけど、さすがに民家の庭に入り込むわけにもいかず、しばし見つめ合った後お別れ。

 今回は猫とは縁がなかったということで、リニューアルしたばかりの鶴ヶ城を楽しみに行くことに。

 地元のバーの店員が「会津は震災の被害はほとんどなかったんですよ。うちも古い蔵を改装した店ですが、中は全然平気でした」と、けろっとした顔で言っていたが、それはおそらく同じ県内で甚大な被害を出した浜通りと比較しての話で、会津もよく見ると城内石垣の一部が崩れていたりするのであった。

 でも、GWだけあってさすがに賑わっており、犬を連れた散歩人もちらほら。その中に違和感を感じるバギーカートを発見。

右にあるのがお散歩用カート。このカートでごろごろと城内まで連れてきてもらったようだ(2011年4月 ニコン D7000)

右にあるお散歩用カートで、ごろごろと城内まで連れてきてもらったようだ(2011年4月 ニコン D7000)

 よく見ると、中にいるのは猫っ。びっくり。お城の前でカートから出してもらうと、飼い主を引っ張って芝生に入り、どこまでもどこまでも我が物顔で歩いて行ってしまったのだった。

強引にぐいぐいと飼い主を引っ張って芝生を奥へ奥へ進む猫。こんなに鷹揚と散歩する猫は初めて見た。おなかの貫禄もすごい(2011年4月 ニコン D7000)

強引にぐいぐいと飼い主を引っ張って芝生を奥へ奥へ進む猫。こんなに鷹揚と散歩する猫は初めて見た。おなかの貫禄もすごい(2011年4月 ニコン D7000)

 いつしか遠くへ行ってしまったので、話を聞きそびれてしまったのだが、ものおじせず堂々と歩いているところを見ると、よほど来慣れてるんだろう。普通、猫って見知らぬ土地に下ろされると、警戒してフリーズしちゃうものだからね。

 それにしても毛並みと恰幅のいい猫だったこと。


■Amazon.co.jpで購入


筆者紹介─荻窪圭


著者近影 荻窪圭

老舗のデジタル系ライターだが、最近はMacとデジカメがメイン。ウェブ媒体やカメラ雑誌などに連載を持ちつつ、毎月何かしらの新型デジカメのレビューをしている。趣味はネコと自転車で、天気がいい日は自転車で都内を走りながらネコを見つけては撮影する日々。最近の単行本は『デジカメ撮影のネタ帳 シーン別ベストショットの撮り方』(MdN)、『デジカメ撮影の知恵』(宝島社新書)、『デジタル一眼レフが上手くなる本』(翔泳社。共著)、『東京古道散歩』(中経文庫。2010年4月27日発売)。Twitterアカウントは@ogikubokei。ときどき猫動画をアップするYouTubeのアカウントもogikubokei



*次回は2011年5月13日掲載予定



前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン