このページの本文へ

遊びながら学ぶ、ビジネスにも役立つ最新ウェブ技術

IE9もサポートしたHTML5とは何か?

2011年05月03日 11時00分更新

文● 後藤宏

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「できること」が増えた第5世代のHTML仕様

 ひと口でIE9のウェブ標準化と言っても、その要素は極めて多岐にわたる。その中で、中心的な役割を果たしているのがHTML5だ。

 HTML5は、W3Cが策定している次世代のHTML仕様。タグの最適化が図られ、従来はプラグインなどを追加する必要があった、「動画」(video)や「音楽データ」(audio)、「グラフィックの描画」(canvus)用のエレメントが追加されている。つまりウェブサイトの表現力を幅広くするのがHTML5だ。

W3CサイトのHTML5仕様。英語サイトのみにはなるが、W3CサイトにあるHTML5仕様のアナウンスページ(http://www.w3.org/TR/html5/spec.html)。12章立ての内容で、詳細に仕様が解説されている

 また、OSやウェブアプリケーションのライブラリを呼び出す「API」を標準化していることも大きな特徴。例えばドラッグ&ドロップ、パソコンに搭載されたウェブカメラなどの呼び出し、ウェブストレージとの連携など、これまではアプリケーション(あるいはプラグイン)を利用しなければならなかった機能も、ブラウザー上で直接利用できるようになるという。

 面倒なインストール作業が必要なくなるほか、プラグインがうまく動作しないため、ウェブサイトが閲覧できないといったケースも減り、快適にインターネットを利用できるというわけだ。

溝口 宗太郎氏

 この点については、日本マイクロソフトのコンシューマー&オンラインマーケティング統括本部 コンシューマーWindows本部でシニアプロダクトマネージャーを務める溝口 宗太郎氏に「IE9がHTML5に対応することで何が変わるのか」直接お聞きしてみた。囲み内で紹介されているサイトに関しては次ページで概要を示している。

溝口 例えば(IE9ベータ版のリリース時にも紹介した)THE Shodoの冒頭なのですが、書道家の手が映し出されているシーンがあります。あのオープニングも実はHTML5ビデオなんですね。従来の“プレーヤー使った再生”とは異なり、動画をシームレスに再生ができる。こういう使い方ができるんですよね。

 ゲーム・プラットフォームとしてもおもしろいと思います。Pirates Love Daisiesというゲームは、HTML5のCanvasという技術を使っていて、2Dグラフィックスのアニメーションなどを実現できます。

THE 書道。墨を手に取り、硯で摩るシーンは動画を再生している。ブラウザで直接再生しているうえに、表示枠などもなく、動画が再生されている感じがしない

Pirates Love Daisiesでは、画面上を動く回る敵キャラはもちろん、流れている雲なども、すべてHTML5で作成されている。ブラウザゲームの可能性が広がる

 また、ユーザーだけではなく、制作者側から見ても、すごく魅力があるんですね。ウェブコンテンツの場合は、在庫を持つ必要がありませんし、ソフトが完成すればすぐに販売ができます。しかも、サービスが終了した場合でも、ウェブサイトを閉じるだけで済む。コストがかかりにくく、配信媒体としてメリットが多いのです。ブラウザゲームなどで、今後、魅力的な作品が登場するのではないかと思っています。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ