このページの本文へ

アマゾンがPODプログラム導入、書籍の品ぞろえを大幅拡大へ

文●通販通信

2011年04月20日 09時33分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 Amazon.co.jpは4月19日、プリント・オン・デマンド(POD)プログラムを開始した。

 同プログラムの導入により、Amazon.co.jpでは書籍の品ぞろえが大幅に拡大でき、顧客の注文に応じて1冊から印刷・出荷できるようになる。一方、出版社は絶版本や希少本、特注本、外国語や大活字版など、従来はコストがかかった商品も、国内の顧客に低コストで提供できるようになる。また、PODを利用することで、大量の部数を印刷するリスクと、在庫を保管する費用も不要となる。

 さらに、同プログラムが適用された書籍は常に出荷可能な「在庫あり」の状態となるため、顧客は「Amazonプライム」や「お急ぎ便」を利用でき、出版社や著者は在庫状況の改善で収益の拡大が期待できる。現時点で、国内では60万冊以上の書籍が対象となっている。

 同社のPODには、現在、ケンブリッジ大学出版局、Taylor & Francis、British Libraryを始めとする世界各国の大手出版社が参加。なお、同プログラムの対象書籍は、当初は洋書から取り扱い順次和書にも拡大する。

■「POD対象書籍」(http://www.amazon.co.jp/pod)

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く