このページの本文へ

男性の購買行動、購入のきっかけは「クチコミサイト」

文●通販通信

2011年04月20日 09時55分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 IMJモバイルは4月19日、「男性の購買行動に関する調査」の結果を発表した。

 「服(プライベート用)」は、百貨店や各種専門店で購入されることが多いが、ポータルサイトや企業の商品情報サイト、クチコミサイトなどインターネット上の情報が購入のきっかけとなっていることがわかった。

 デジカメ、パソコンなど「家電・電化製品(自分専用)」の購入のきっかけは「クチコミサイト上の情報」が最も多く、次ぐ「企業の商品情報サイト」を大きく引き離した。年代別では、10代男性がほかの年代に比べ「SNS・ブログやミニブログの情報」をきっかけとして購入する傾向にある。

 「食品・スイーツ・出前」を購入する場所は、スーパーやコンビニに次いで、楽天市場やAmazonなどのサイバーモールも多い。ネットショッピングの利用は10代20代に比べ、30代40代が多い傾向にあった。

 調査方法はインターネットリサーチ、調査期間は2011年2月25日~26日、調査対象は15~49歳の男性、有効回答数は620サンプル。

■「男性の購買行動に関する調査」 (http://www.imjmobile.co.jp/news/report_20110419-305.html

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く