このページの本文へ

専用のWebサイトからスマートフォンを制御

ドコモ、「スマートフォン遠隔制御サービス」を提供開始へ

2011年04月20日 10時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

4月19日、NTTドコモは、専用Webサイトからスマートフォンを制御する「スマートフォン遠隔制御サービス」の提供を4月25日よりスタートすると発表した。法人向けクラウドサービスとして提供され、専用サーバーや初期費用が不要となっている。

 4月19日、NTTドコモは、専用Webサイトからスマートフォンを制御する「スマートフォン遠隔制御サービス」の提供を4月25日よりスタートすると発表した。スマートフォンの紛失時にロックをかけたり、データを削除するほか、発信番号を特定先に限定するなど業務に即した詳細な制御が可能になる。

サービスの利用イメージ(NTTドコモのサイトより)

 サービスはクラウド型で提供され、ユーザーは専用Webサイトから紛失時の遠隔ロックやデータ削除、発信先やカメラの制御、ファイルの一斉配信などを行なえる。また、インストールアプリケーションの情報収集、利用制限の一括設定等も可能だ。法人向けクラウドサービスとして提供され、専用システムの構築は不要。初期費用もかからない。利用は1IDあたり月額315円(税込)で、1回の制御ごとに3.15円の従量課金となっている。

 対応端末は、Galaxy SやGalaxy Tab、Xperia、dynapocket T-01B、DT-5300などのAndroid、Windows Mobile搭載機。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ