このページの本文へ

ZOTAC「ZOTAC GeForce GT 520」

新型GPU「GeForce GT 520」搭載カードが約5000円で登場

2011年04月13日 23時41分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NVIDIAのローエンド向けGPU「GeForce GT 520」を搭載する初のビデオカード「ZOTAC GeForce GT 520」(型番:ZT-50601-10L)がZOTACから発売となった。

ZOTACから発売となったNVIDIAのローエンド向けGPU「GeForce GT 520」を搭載する初のビデオカード「ZOTAC GeForce GT 520」

 「GeForce GT 520」は、昨日12日の22時に正式ラインナップに加わったローエンド向けGPU。主なスペックは、製造プロセス40nm、CUDAプロセッサ数(≒ストリーミングプロセッサ数)は48基、コア/シェーダー/メモリクロックは順に810MHz/1620MHz/1800MHz、メモリタイプはDDR3。搭載するビデオメモリ1024MBで、メモリインターフェイスは64bit。PCI Express補助電源はない。

出力インターフェイスは、DVI-I×1、HDMI×1、D-sub×1というシンプルな構成。価格も5000円ほどと安い

 ZOTAC「ZOTAC GeForce GT 520」は、小型の冷却クーラーを搭載したLow-Profile仕様の製品で、専用ブラケットが2種類付属。コア/メモリクロック等は定格仕様だ。搭載メモリはDDR3 1GBで、出力インターフェイスは、DVI-I×1、HDMI×1、D-sub×1という構成。PCI Express x16対応で、厚さは1スロットサイズとなっている。
 価格は5480円。TWOTOP秋葉原本店やツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.、パソコンハウス東映で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中