このページの本文へ

「Android Edyアプリ」にオートチャージ機能

文●通販通信

2011年04月13日 09時32分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 電子マネー「Edy」を運営するビットワレットは4月12日、「Android Edyアプリ」の新機能として、オンラインで自動的にチャージする「Edyオートチャージ」を開発し、4月18日からサービスの提供を開始すると発表した。

 「Edyオートチャージ」は、「Android Edyアプリ」限定のサービスで、1時間に1回、Edyの残高をチェックし、残高が設定額以下になると、オンラインで自動的にチャージする機能。同機能は現在、特許出願中。

 ユーザーは、事前にクレジットカード情報とオートチャージ金額(下限額・チャージ額・1日の限度額)を設定すると本サービスを利用できる。1日にオートチャージする限度額は、1000円から5万円までの間で設定できる。紛失・盗難の場合は、PC専用のウェブページからオートチャージの設定を解除できる。

 オートチャージ後には、「おサイフケータイ」に対応したAndroid(搭載のスマートフォンのアプリ上に「オートチャージしました」と表示される。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く