このページの本文へ

Intel「S1200BT」

「Xeon E3-1200」シリーズ対応のインテル純正マザーが販売中

2011年04月09日 23時50分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Sandy Bridge版Xeonことインテル「Xeon E3-1200」シリーズが搭載可能なLGA 1155対応のサーバー/ワークステーション向けマザーボード「S1200BT」が、インテルから発売となった。

Sandy Bridge版Xeonこと「Xeon E3-1200」シリーズが搭載可能なLGA 1155対応のサーバー/ワークステーション向けマザーボード「S1200BT」

 ASUSTeK「P8B-E/4L」に続く2モデル目のXeon E3-1200シリーズ対応マザー。主なスペックは、チップセットに「Intel C204」を搭載。拡張スロットはPCI Express(2.0) x16×1(x8動作)、PCI Express(2.0) x8×1、PCI Express(2.0) x4×1(x8形状)、PCI Express x4×1(x8形状)、PCI Express x1×1、PCI×1。DDR3 DIMMスロットは4本(DDR3-1066/1333MH)。
 “LLC Pilot II”によるVGA機能やデュアルギガビットイーサネット×4(Intel/82574L+82578DM)、SATA3.0×2、Serial ATA II×4などをオンボードで搭載。I/O部にはD-subを備えている。
 価格はツクモパソコン本店で2万2480円となっている。

「S1200BT」

チップセットに「Intel C204」を搭載するインテル純正のLGA 1155対応マザー


【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中