このページの本文へ

日本HP、Sandy Bridge搭載の大型ノート 3機種を発表

2011年04月04日 11時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本ヒューレット・パッカードは4日、CPUに第2世代Coreプロセッサー(Sandy Bridge)を搭載したノートパソコン新製品3機種の、HP Directplus直販モデルを発表した。最新CPUや独立GPUによる高性能な製品ながら、低価格な点が特徴である。いずれも注文時に仕様を選択可能なCTO方式で販売される。

HP ENVY 17-2000

HP ENVY 17-2000

 大型ノートの「HP ENVY 17-2000」は、同社のコンシューマー向けノートパソコンの中でもハイエンドに位置する高性能な製品である。ディスプレーは17.3型サイズで、1920×1080ドットのフルHD解像度ディスプレーを選択できる。

 CPUはCore i5-2410M(2.30GHz)から、最高でクアッドコアのCore i7-2820QM(2.30GHz)を搭載可能。さらに独立GPUとして、ノート用ではトップクラスの性能を誇るRadeon HD 6850M(ビデオメモリー1GB)を標準搭載する。本体左側面にはMini DisplayPort出力、HDMI出力、アナログRGB出力の3種類の映像出力端子を装備。本体内蔵のディスプレーに加えて、Mini DisplayPort出力とほかの2つの出力のどちらか一方にディスプレーを接続することで、3画面同時出力が可能な「AMD Eyefinityテクノロジー」にも対応している。

 HDDは2台まで内蔵可能で、RAID構成もサポート。640GB HDDを2台内蔵したり、128GB SSDと640GB HDDのコンボ構成も可能である。USB 3.0対応ポートを2ポート内蔵するほか、光学ドライブにはBDコンボドライブかDVDスーパーマルチドライブを選択可能だ。

 オーディオ再生用には、2基のステレオスピーカーと底面搭載のサブウーファーを内蔵。ヒップ・ホップアーティストの「Dr. Dre」とのコラボレーションによる高品位なオーディオ出力機能「Beats Audio」にも対応している。

 OSにはWindows 7 Home Premium 64bit版を搭載。アドビ システムズの画像編集ソフト「Adobe Photoshop Elements 9」と動画編集ソフト「Adobe Premiere Elements 9」もプレインストールされている。

 最小構成価格は9万9960円。4月下旬発売の予定。

HP Pavilion dv7-6000、dv6-6000

HP Pavilion dv7-6000

 17.3型ディスプレー搭載の大型ノート「dv7」シリーズからは、「HP Pavilion dv7-6000」が登場した。2011年1月に発表された「dv7-5000」の性能向上版で、GPUに高速なRadeon HD 6770(または6490)を選択可能となっている。

 dv7-5000では、高性能だが高価なクアッドコアのCore i7しかCPUに選択できなかった。一方新しいdv7-6000では、クアッドコアCPUだけでなくCore i5-2410Mも選択可能になり、最小構成価格は6万円未満という高い価格性能比を実現している。

 ENVY17と同様に、HDDも2台まで内蔵可能(最大1TB×2)。SSDとHDDのコンボ構成も選択できる。USB 3.0対応ポートも2基備える。オーディオ機能はBeats Audioに対応する。

 OSにはWindows 7 Home PremiumまたはProfessionalの64bit版を搭載。「Microsoft Office Personal 2010」または「同Home and Business 2010」をプレインストールできる。最小構成価格は5万9850円。4月中旬発売の予定。


HP Pavilion dv6-6000 PremiumラインHP Pavilion dv6-6000 Standardライン

 15.6型ディスプレー搭載の大型ノート「dv6」シリーズからは、「HP Pavilion dv6-6000」が登場した。クアッドコアCPU搭載で金属的な質感の「ダークアンバー」のボディーを持つ「Premium」製品と、Core i5/i3搭載で「エスプレッソブラック」のボディーを持つ「Standard」製品の2種類が用意されている。

 ディスプレーは15.6型/1366×768ドットで、両機種とも新たにテンキー付きキーボードを搭載した。内蔵HDDは1台までだが最大1TB、160GB SSDも選択できる。また、Premium製品はdv7並みの高性能な構成が可能で、CPUには最高でCore i7-2720QM(2.20GHz)を、GPUにはRadeon HD 6770を搭載可能となっている。Premium製品のオーディオ機能はBeats Audioに対応する。

 OSにはWindows 7 Home PremiumまたはProfessionalの64bit版を搭載。「Microsoft Office Personal 2010」または「同Home and Business 2010」をプレインストールできる。最小構成価格は4万9980円(Standardの場合)。4月中旬発売の予定。

カテゴリートップへ