このページの本文へ

自社開発アプリを自前で配信する「アプリ配信・インストール機能」なども搭載

AXSEED、スマホ管理「SPPM for Android」にアプリ制限など追加

2011年04月01日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月31日、AXSEEDは2010年11月に開始した法人向けスマートフォン管理サービス「SPPM for Android」にアプリ管理などの機能を追加したと発表した。

 SPPM for AndroidはITシステム管理者や情報管理担当者向けの、モバイル端末管理(MDM)システム。緊急時の情報漏洩対策機能やカメラなどのデバイスの利用制限といった機能と搭載する。加えて新バージョンでは、利用アプリ制限やAndroidのOS設定メニューの利用制限が可能な「利用アプリ制限ランチャー」が追加された。

 そのほかにも、管理者が端末内のアプリ一覧を把握するための「利用アプリ一覧取得・変更通知機能」、自社開発アプリをGoogleのAndroidマーケットを介さずリモートから配信・インストールする「アプリ配信・インストール機能」など、端末アプリを集中管理するための機能も搭載される。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ