このページの本文へ

「フィッシングタックルOL」の通販顧客情報が流出

文●通販通信

2011年03月29日 09時34分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 フィッシングタックルオンラインは3月22日、同社が運営するウェブサイト「フィッシングタックルオンライン 」のウェブサーバーに海外からの不正アクセスがあり、同サイト利用者の個人情報が流出した可能性があると発表した。

 経緯としては1月18日 、同社顧客からクレジットカードの不正使用についての問合わせがあり、1月19日 に同社担当者がサーバー内を調査した結果、一つのフォルダ内にスパイファイルらしきファイルを発見。

 2月1日、VISA・マスターカード会社指定のセキュリティ専門会社による調査を行った結果、途中経過としてサーバー内のデータベースから削除されたデータより、カード番号と読みとれる可能性のあるデータが3321件あることが分かった。流出した可能性のある個人情報は、ログイン用パスワード(暗号化) 、氏名、メールアドレス、住所、電話番号、クレジットカード情報(クレジット購入の場合)。

 現在、警察の指導のもと捜査用データと証拠書類を提出。不正アクセスの対策として、システムの見直しとプログラムの改良を行っている。また、クレジット決済についても自社内にクレジットカード情報を持たないPayPal(ペイパル)サイトで運用している。

 ■「フィッシングタックルオンライン」 (http://www.bun2.jp/)

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く