このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Sandy Bridgeなら新MacBook Proを買え! 第3回

ついに64bitモード標準! 13インチMacBook Proを試す

2011年03月24日 12時00分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ベンチマークで測定

 それでは、ここまで述べてきた機能強化によって、具体的にどの程度パフォーマンスが向上しているのか、ベンチマークテストで確認してみよう。CPUおよびメモリー周りのパフォーマンス確認のために「iBench 1.1.2」を利用し、グラフィック性能のテストでは、「CINEBENCH 11.5」を用いることにした。また、他機種とも比較できるよう、JavaScriptベンチマークも行なってみた。

「iBench 1.1.2」

 iBenchは、浮動小数点演算9件と整数演算12件、計21件の演算を利用したベンチマークユーティリティだ。演算に特化し、CPUおよびメモリー周りのパフォーマンスを測定することが主な用途だ。今回、テストは全機種ともカーネルを64bitモードで起動した標準の状態で実施している。

 その結果だが、1世代前のMid 2010と比較すると差は歴然。Mid 2010の搭載プロセッサーはCore 2 Duo P8600(2.4GHz)で、新モデルのCore i5/i7と同じデュアルコアではある。しかしCore i5/i7は、Hyper-Threadingにより論理コア4基として動作するため、2.3GHzモデルで平均して3割前後、2.7GHzモデルで5割前後高いスコアをマークした。

iBench 1.1.2の実行結果(全機種カーネルモードは64bit)

「CINEBENCH 11.5」

 グラフィック性能のテストには、Mac OS X/Windows対応の3Dベンチマークソフト「CINEBENCH 11.5」を利用した。Early 2011に搭載のIntel HD Graphics 3000と、Mid 2010に搭載されるNVIDIA GeForce 320Mの比較であり、3D描画のみならず通常の演算もGPUに負うところの多いSnow Leopardだけに、要チェックのテストといえる。

 その結果だが、OpenGLとCPU項目で大きく分かれた。CPUテストについては、iBenchを上回るほどの性能差を確認できたが、OpenGLテストはGeForce 320M搭載のMid 2010が、Intel HD Graphics 3000を上回った。単純にGPUの性能差と考えられるため、この点を気にする場合にはRadeon HD 6490M/6750M搭載の15/17インチモデルを検討するしかないだろう。

「CINEBENCH 11.5」の実行結果(全機種カーネルモードは64bit)

「SunSpider JavaScript Benchmark 0.9.1」

 新旧MacBook Proだけでなく他機種とも比較できるよう、JavaScriptベンチマーク「SunSpider JavaScript Benchmark 0.9.1」によるテストも実施した。利用したWebブラウザはSafari 5.0.4、CPUネイティブコードに直接変換するJIT方式のJavaScriptコンパイラ「SquirrelFish Extreme」により、高速な演算を可能としている。結果はiBench同様、Core i5/i7搭載のEarly 2011に軍配が上がっている。

「SunSpider JavaScript Benchmark 0.9.1」のTOTAL(総合)実行結果(全機種カーネルモードは64bit)

「SunSpider JavaScript Benchmark 0.9.1」のテスト別実行結果(全機種カーネルモードは64bit)

「Geekbench 2.1.13」

 最後になったが、Windows/Linux/Mac OS X/Solaris/iPhone/iPadに対応するベンチマークソフト「Geekbench 2.1.13」による新13インチモデルのテスト結果を載せておこう。Windowsユーザーでも、利用中のパソコンでテストを行なって比較することができるはずだ。

「Geekbench 2.1.13」の実行結果(全機種カーネルモードは64bit)

13インチ MacBook Pro標準スペック
型番 MC700J/A MC724J/A
価格 10万8800円 13万4800円
CPU Core i5-2415M 2.3GHz(2コア) Core i7-2620M 2.7GHz(2コア)
3次キャッシュ 3MB 4MB
メモリー(最大) 4GB 1333MHz DDR3 PC3-10600(8GB)
ディスプレー(解像度) 13.3型 LEDバックライトクリアワイド(1280×800ドット)
グラフィックス機能 Intel HD Graphics 3000(CPU内蔵)
ビデオメモリー 384MB(メインメモリーと共有)
ストレージ 320GB HDD
(5400回転、SATA)
500GB HDD
(5400回転、SATA)
光学式ドライブ DVDスーパードライブ
ネットワーク機能 AirMac Extreme(IEEE 802.11a/b/g/n対応無線LAN)、1000BASE-T対応有線LAN、Bluetooth 2.1+EDR
主なインターフェース USB 2.0×2、FireWire 800(IEEE1394b)×1、Thunderbolt×1(DVI/VGA/デュアルリンクDVI/HDMIに別売アダプターで対応)、FaceTime HDカメラ
カードスロット SDXCカードスロット
オーディオ機能 光デジタルオーディオ/ヘッドホン(アナログ入力選択可能)、内蔵ステレオスピーカー、内蔵マイクロホン
サイズ/重量 幅325×奥行き227×高さ241mm/2.04kg
バッテリー駆動時間 最長7時間

※第4回に続く

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中