このページの本文へ

東北地方太平洋沖地震&計画停電のまとめ 第49回

在宅勤務(テレワーク)支援追加策として実施

ブイキューブ、KDDI Business WiMAXを無償提供

2011年03月24日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月23日、Webベースのテレビ会議システム「V-CUBE ミーティング」を提供するブイキューブは、KDDI協力のもと「KDDI Business WiMAX」端末の無償レンタルおよび3ヵ月間の通信料無料サービスを開始した。

WiMAX端末の無償レンタルを開始

 これは、東北地方太平洋沖地震に起因した、計画停電および交通機関の運行制限のため、会社に出社できない場合の在宅勤務(テレワーク)支援追加策として実施するもの。

 同社では地震発生翌日の3月12日から、V-CUBE ミーティングを被災地向けには「無償」。計画停電地域の企業には「初期費用を無料」「2011年4月30日(土)までの利用料金を半額」で提供している。しかし、「本プランを活用したいが、オフィスや家庭に充分な通信回線がなく困っている」との声があり、緊急の追加支援策として今回のサービスを追加実施したという。

 利用条件やサービスの概要は以下の通り。

利用条件
 新規に「V-CUBE ミーティング」の契約をする企業
サービス概要
 端末レンタル料金:無料(レンタル:1社あたり2台まで)
 ※用意した端末がなくなり次第終了
通信料金
 無料(「V-CUBE ミーティング」のオプションとしての利用に限る)
提供期間
 3ヵ月
レンタル対象端末
 NECアクセステクニカ株式会社 Aterm WM3200U
申込期間
 2011年3月末まで

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ