このページの本文へ

モバイルサイト、購買意欲の向上に貢献…IMJモバイル調査

文●通販通信

2011年03月23日 10時20分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 IMJモバイルは3月22日、「モバイルユーザー動向定点観測 2011」を実施した。

 調査結果によると、昨年と比べモバイルネットの利用時間や利用シーンは増加し、モバイルの重要度も上がっていることがわかった。さらに、モバイルサイト閲覧後に「購入したくなった」「購入した」「販売店へ出向いた」との回答も増加し、購買意欲や行動への貢献度が向上している傾向がうかがえる。

 また、モバイルの存在として「仕事上必要なツール」「ミュージックプレイヤー」との回答は減少しており、同社スマートフォンへの乗り換えが進んだと推測した。

 調査期間は2011年2月15日~2月18日、調査方法はモバイルインターネットリサーチ、調査対象は15~49歳の携帯電話保有者、有効回答数は519人。

    ■「モバイルユーザー動向定点観測 2011」  (http://www.imjmobile.co.jp/news/report_20110322-294.html

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く