このページの本文へ

東北地方太平洋沖地震&計画停電のまとめ 第44回

ドコモ、復旧マップを提供&ドコモポイントでも義援金受付

2011年03月22日 17時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモは、今回の東北地方太平洋沖地震で特に被害が大きかった東北3県(岩手県、宮城県、福島県)について、FOMAサービスエリアの復旧状況を地図上で確認できる「復旧エリアマップ」の提供を開始した。

 復旧エリアマップで確認できるのは、FOMAサービスエリアの情報に加え、無料で利用可能な衛星携帯電話/携帯電話の設置場所、無料充電サービスの提供場所、移動基地局の配備場所、ドコモショップの営業情報など。

 この復旧エリアマップには、iモード端末スマートフォンPCからアクセスが可能である。

 また同社では「被災地支援チャリティサイト」において、義援金を募集しているが、その方法として従来からの「ドコモ ケータイ送金」やドコモダケの待受画像の購入に加え、新たにドコモポイントによる受付を開始した。

 対象となるのはドコモプレミアクラブ会員/ドコモビジネスプレミアクラブ会員。iモード端末であれば[iMenu]→[お客様サポート]→[ドコモプレミアクラブ/会員の方はコチラ]→[東北地方太平洋沖地震義援金]の順でアクセスする。ドコモポイント100ポイントにつき100円の義援金を、特定非営利活動法人 ジャパン・プラットフォームに寄付する。

 スマートフォンまたはPCでも「My docomo」から同じく寄付が可能だ。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ