このページの本文へ

いま旬のビジネスPC 第28回

マウスコンピューターのビジネスPCが登場

MouseProブランドの「MPro-NR400S」を試す

2011年03月16日 09時00分更新

文● 花茂未来/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スーツスタイルに合うシックなデザイン

 筐体デザインは全モデル共通で、天板やパームレスト、液晶ディスプレーのベゼルに至るまでマットブラックで統一し、スーツに似合うシックなデザインに仕上がっているように感じた。

ラバー加工が施された天板

 天板やパームレストはラバー加工とマット加工が施してあるため、指紋がほとんど目たない。傷にも強く、爪でやキーホルダーで軽くこすった程度では傷が付かない。

 また、低価格ノートPCに散見される、キーボードをタイプしたときのたわみがなく、しっかりとキーを打ち込めるのも良い印象を受けた。キーピッチはデスクトップ用のキーボードとほぼ同じ約19mmを確保していて、実際に試したところミスタイプすることは少なかった。キーストロークは約2mmと若干深い設定だが、各キーの面積が広い設計なので、最深部まで押し込んでも指が他キーと干渉しにくい。

キーピッチが広く、タイピングしやすい

 本体サイズは幅341×高さ33.8×奥行き235.5mmで、面積はB4用紙より一回り小さい。重量は約2.07kgとなっている。本体サイズが大きいため収納するには大きめのカバンでないと厳しいため、本格的なモバイル用途には向かないだろう。ACアダプターに関しては、手のひらに収まるほど小型なので、デスク上のスペースを専用しない。

ACアダプターは手のひらサイズ

 インターフェースは、USB 2.0×2、ヘットフォン端子、マイク端子、eSATA端子などを搭載。また外部映像出力として、アナログRGB端子のほか、HDMI端子を備えている。最近はHDMI入力に対応したプロジェクターも多く、1920×1080ドットの高解像度で出力できるので、プレゼン資料を高精細に映し出すことが可能だ。

左側面には、LAN端子、アナログRGB出力、HDMI出力、eSATA端子(USB 2.0と共用)、メモリーカードスロットを搭載

右側面にはUSB 2.0端子を2ポート、光学ドライブを搭載

前面にはヘッドホン端子とマイク端子を備える

カテゴリートップへ

この連載の記事