このページの本文へ

東北地方太平洋沖地震&計画停電のまとめ 第18回

被災者への情報発信を迅速に実施したい組織・団体向け

BIGLOBE、被災者向けクラウドインフラを無償提供

2011年03月15日 14時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月13日、NECビッグローブは、東北地方太平洋沖地震対策として「BIGLOBEクラウドホスティング」を無償で提供するサービスを開始した。

東北地方太平洋沖地震対策として「BIGLOBEクラウドホスティング」を無償で提供するサービスを開始

 これは、被災地での活動において、被災者への情報発信を迅速に実施したい組織・団体に対し、無償でクラウドインフラを提供するサービス。

提供内容
 ・ベースサーバー最大5台と追加オプション(リソース追加、監視等)
 (1サーバーあたりの上限スペックは、2vCPU、4GBメモリ、100GBディスクまで)

 申請は、下記URLより可能だ。
■URL:https://mcs.biglobe.ne.jp/wrp/trial-6/form/000001/regist

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ