このページの本文へ

東北地方太平洋沖地震&計画停電のまとめ 第11回

被災地向け情報を発信する企業、自治体を対象

IIJ、クラウドサービス「IIJ GIO」を1カ月間無償提供

2011年03月14日 17時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月14日、インターネットイニシアティブ(IIJ)は、東北地方太平洋沖地震で被災された方々などに向けて必要な情報を発信する企業、自治体を対象に、情報配信のためのインフラ基盤としての利用を目的にクラウドサービス「IIJ GIOホスティングパッケージサービス」を、本日より1ヵ月間無償で提供すると発表した。

 利用を希望する企業、自治体は、連絡先と利用用途などを可能な範囲で明記の上、下記対応窓口までメールにて連絡してほしいとのこと。

利用を希望する企業、自治体は、連絡先と利用用途などを可能な範囲で明記のメールをする

 なお、IIJ GIOホスティングパッケージは関西地方にサーバー設備があるため、今回の東北電力、東京電力の電力不足の影響を受けることなく、サーバーを利用できるとしている。


カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ