このページの本文へ

GoogleとBing、検索アルゴリズムに「ホワイトリスト」があることを認める

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2011年03月11日 14時03分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

GoogleとBing、検索アルゴリズムに「ホワイトリスト」があることを認める

米国で開催中のSMX West 2011のセッション「Spam Police」において、GoogleとBingが公式に特定の検索アルゴリズムに影響を与えないためのリストがあることを認めた。

Matt Cutts氏によると、全検索アルゴリズム共通のグローバルなホワイトリストは存在しないが、ある特定の検索アルゴリズムにおいて、本来はネガティブな影響を受けてはいけないサイトが(誤って)影響を受けてしまわないようにするための、例外リストはあるという。なお、最近のパンダ・アップデートファーマー・アップデートといった一連のアルゴリズム更新のリストはないという。

この事実は、Googleが先月、EU欧州委員会に説明した内容と矛盾する。同社は、EU独占禁止法監督機関のGoogleが不当に競合企業の検索順位を操作しているとの主張に対して、ホワイトリストもブラックリストもないと説明している。

Google & Bing Have Whitelists/Exception Lists For Algorithms [SearchEngineLand]
http://searchengineland.com/google-bing-have-whitelistsexception-lists-for-algorithms-67732?

Google hits back over algorithm dispute [FT.com]

http://www.ft.com/cms/s/2/2e16bd92-2209-11df-98dd-00144feab49a.html#axzz1DwazVUo0

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く