このページの本文へ

4万円台の「Fusion APU」14型ノート「Lenovo G475」

2011年03月08日 22時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボ・ジャパンは、AMDのGPU統合型CPU「Fusion APU」(Accelerated Processing Unit)を採用した、14型ノート「Lenovo G475」を発表した。価格はオープンプライスだが、予想実売価格は4万3000円前後となっている。発売は18日から行なわれる。

「Lenovo G475」

 Lenovo G475は、CPUとしてデュアルコアプロセッサー「AMD E-350」(1.6GHz)、チップセットとして「AMD A50M Fusion コントローラ ハブ」を搭載。メインメモリーは2GB(最大8GB)となっている。グラフィックス機能はATI Radeon HD 6310(CPU内蔵)で、解像度1366×768ドット表示対応の14型ワイドHD液晶(LEDバックライト、光沢)を採用している。

 またHDD容量が250GBで、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブとなっている。インタフェースはUSB 2.0×4、アナログRGB出力×1など。ネットワーク機能は100BASE-TX対応有線LAN、IEEE 802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 2.1+EDRをサポートしている。

 サイズは幅340×奥行き231.8×高さ34.4mm(最薄部17.2mm)、重量は約2.2kg。バッテリー駆動時間は約5.6時間。OSはWindows 7 Home Premium(64bit)だ。

Lenovo G475の主な仕様
型番 436022J
予想実売価格 4万3000円前後
CPU AMD E-350(1.6GHz)
チップセット AMD A50M Fusion コントローラ ハブ
メインメモリー(最大) 2GB(8GB)
メモリースロット 2(1)/PC3-8500 DDR3 SDRAM
HDD容量 250GB(2.5インチ/回転速度5400rpm)
光学式ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
グラフィックス機能 ATI Radeon HD 6310(CPU内蔵)
ディスプレー 14型ワイドHD液晶(LEDバックライト、光沢)
解像度 1366×768ドット
通信機能 100BASE-TX、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth 2.1+EDR
インターフェース USB 2.0×4、アナログRGB出力×1ほか
カードスロット 2in1メディア・カード・リーダー(SD、マルチメディアカード)
セキュリティ機能 セキュリティー・キーホール、HDDパスワード、スーパーバイザー・パスワード、パワーオン・パスワード
OS Windows 7 Home Premium 64bit 正規版
本体サイズ 幅340×奥行き231.8×高さ34.4mm(最薄部17.2mm)
重量 約2.2kg
バッテリー駆動時間 約5.6時間

カテゴリートップへ