このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

女性を美しく撮れる! 「LUMIX DMC-FX77」の実力

2011年03月03日 12時00分更新

文● 小林 伸、モデル●山口立花子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

電池寿命に不満が残るが
それを上回るレタッチ機能の魅力

本体底面の蓋の中に、電池室とSDメモリーカードスロットが並んでいる。本体の薄さに合わせてバッテリーも小容量のものを採用。ちなみに、今回はレタッチ機能を何度も試したせいか、100枚撮るのですら危うい状況にまで電池が消耗した

 使用していて少し気になったのは、コンパクトなボディに入れるため、かなり小さめのバッテリー(3.6V 680mAhのリチウムイオン充電池)を採用している点だ。カタログ上でも撮影可能枚数は約200枚(CIPA準拠)と少なめになっており、季節柄、気温の低い今現在はこの200枚という枚数も危ういかもしれない。

 その一方で、電源のスリープモードからの復帰に時間がかかりすぎる気がした。スリープモードからの復帰には、シャッターを一度半押しするか、電源スイッチを入れ直すかなのだが、どちらもスリープが解除されるまでに約8秒程度かかってしまう。

 バッテリー寿命が短めなFX77では早めにスリープモードに入る設定にしたいところだが、街中などをスナップしながら歩く場合は、すぐにスリープモードに入らないようにセットアップメニューから「ECOモード」で「スリープモード」の時間設定を10分と長めに設定するか、OFFにしておいて、撮らない時には頻繁に電源を切るよう心がけたほうがいいだろう。

 とは言っても、FX77のレタッチの効果は結構インパクトが大きい。女性には大変うれしい機能だし、ユーザーが男性だとしても、女性の友人を撮影したときなどウケがいいと思われる。少しリップカラーの精度が足りない気もするが、この先さらに進化することを期待したい。

 このところコンパクトデジカメというカテゴリー自体、あまり注目されないようになっている。FX77のように“女性を意識した”というよりも、“女性に特化した”ような、際立った特徴のあるコンパクトデジカメが、今後は注目されるようになるのだろう。


■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン