このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

台湾版コミケ「Fancy Frontier17」レポート第3回

熱気ムンムンの台湾ゲームショウ「台北国際電玩展」レポ!

2011年03月01日 21時32分更新

文● 伊藤真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 FancyFrontierの開催とほぼ時を同じく(関連記事)、台北の国際展示場「台北世界貿易中心」で、“台北国際電玩展”(台北ゲームショウ)が開催されていた。

 9月に幕張メッセで行なわれる日本の東京ゲームショウに比べると、開催規模は非常に小さいものの、会場の熱気は近年の日本のゲームショウ以上の熱気で溢れかえっていた。

「台北国際電玩展」が行なわれていたのは、台北世界貿易中心の台北世界貿易センター内にある展示ホール

 台北ゲームショウは、東京ゲームショウと比べて、コンシューマゲームとオンラインゲームの比率が逆転しており、オンラインゲームのメーカーが中心だった。これは同国のゲーム事情にも関係しており、同イベントに出展しているゲームメーカーのスタッフによると、「台湾のゲームはオンラインゲームが中心となっていて、コンシューマ、特に据え置き機でゲームをプレイする人口は少なく、また国内にコンシューマ用のゲームを開発するソフトベンダーもほとんどなく、コンシューマゲームは海外からの輸入タイトルに頼っているため」とのこと。

 上記のような理由から、出展ブースの7割以上がオンラインゲームのサービスを提供するメーカーとなっており、コンシューマゲームソフトベンダーは、マイクロソフトやソニー・コンピュータエンタテインメントといったハードメーカーのブース内で、台湾で販売を予定しているタイトルの展示を行なう程度に留まっており、ソフトベンダーによる出展は確認できなかった。

平日の日中にも関わらず、会場内には人で溢れかえっていた
日本のアーケードゲーム「初音ミク Project DIVA Arcade」の試遊台も出展されており、プレイを待ちきれない台湾ゲーマーが長い列を作っていた。確認したところコンソールは日本語仕様のままとなっていたが、台湾の人はわかるのだろうか?

 出展ブースの内容は、体験プレイ用の試遊台とステージから構成されており、日本のゲームユーザーにもお馴染みの作りとなっている。試遊台でプレイすると販促用のノベルティがもらえるのも日本と同じだが、以前と比べて小型のノベルティを配布するブースが増加傾向にある日本に対して、台北ゲームショウは派手で目立つ大物ノベルティを用意しているブースが多かった。筆者が到着した昼過ぎの段階で、両手いっぱいにノベルティを抱えた来場者の姿も見られた。

 ステージで行なわれるステージイベントも日本のものとは違っており、来場者やゲームのプレイヤーが主体となるステージが中心で、日本のようにタレントやゲームクリエイターによるトークショーなどはあまり行なわれていなかったようだ。

オンラインゲームメーカーのブースでは、オンラインゲームが体験できる試遊スペースが用意されていた。ちなみに台湾では、ポーカーと麻雀のオンラインゲームが人気とのことソニー・コンピュータエンタテインメントやマイクロソフトブースでは、日本からゲストを招いたステージを行っていた。写真は「ファイナルファンタジー ディシディア」のプロデューサー、間 一朗氏のトークショー開始直前の様子

 また、日本にはないステージイベントして、各社のコンパニオンによる“ノベルティグッズのバラマキ”がある。基本的にはブース周辺の通路で来場者たちにパンフレットなどを配布したり、試遊台コーナーでプレイ方法を教えたり、プレイを終えた人にノベルティを渡しているコンパニオンたち。そんな彼女たちが、30分から1時間に一度くらいのペースでステージに集まり、写真に撮られるためにポーズをとったり、ダンスを披露したり、さらにステージ前へ集まった人たちに、ノベルティやゲームのインストールディスクなどを投げたりしていた。

コンパニオン総出演によるセクシーなダンスや撮影タイムが、さまざまなブースで行なわれており、ブース前にカメコたちが多数集まっている図は、世界共通のようだ
気前よくノベルティを撒くコンパニオンたち。それにしてもよくけが人が出ないものだと感心してしまった

 日本ではなかなか見られない行為だが、台湾では当たり前の光景らしく、古き良き日本の棟上の餅撒きよろしく、コンパニオンたちは気前よくノベルティを配布していた。

 ちなみにコンパニオンの衣装だが、東京ゲームショウとは違い、セクシーなものが多かったように感じられた。そんなセクシーなコンパニオンたちを、拙い語学力を駆使して激写してきたので、ご覧頂きたい。

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ