このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

週刊 PC&周辺機器レビュー 第91回

オールマイティなCore i7搭載モバイル 新LaVie M

2011年02月25日 12時00分更新

文● 池田圭一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

CPU性能強化でもバッテリー駆動時間は減らず!

 驚くべきは、LM750ではバッテリー駆動時間が従来機とほとんど変わっていないことだ。例えば、Core i3-330UM(1.20GHz)を搭載した2010年秋冬モデルの「LM550/CS」では、底部からややはみ出す「Lタイプバッテリ」を使って約10.5時間だった。ところが今回のLM750では、底面にピタリと収まる標準バッテリー(容量はLタイプバッテリとほぼ同等と思われる)を利用して、約10.0時間となっている。CPUに高速なCore i7-660UMを採用しているにも関わらずである。

底面に収まる標準バッテリーで約10時間使えるのがすごい。ACアダプタも比較的小型のものを採用。出張時などに持って出るのに、この1台でこと足りる

 例えば、DVDスーパーマルチドライブを動かすとバッテリー駆動時間はかなり短くなると思われるが、持ち歩く際にバッテリー部の余計な出っ張りがなく、それでいて長時間使えるのは、ビジネスで使うことを考えても大歓迎だ。荷物をできるだけコンパクトにまとめたい出張時などにも、強い味方になってくれるだろう。

 CULVノートの従来機種では、価格性能比では厳しい面もあったLaVie Mシリーズだが、光学ドライブ内蔵にテンキー装備など、モバイルサイズでオールインワンとなった新生LaVie Mなら、エントリー層にも勧められる。本稿執筆時点での実売価格は14万円前後といったところ。新社会人に贈る1台としてもいいだろう。

 なお、直販モデルとして同等の製品「LaVie G タイプM」(GL136シリーズ)が用意されており、BTOメニューからSSDの搭載も可能となっている。ビジネスでのモバイル利用を考えるなら、SSDモデルも考慮したい。

LaVie M LM750/DS6R の主な仕様
CPU Core i7-660UM(1.33GHz)
メモリー 4GB
グラフィックス CPU内蔵
ディスプレー 13.3型ワイド 1366×768ドット
ストレージ HDD 640GB
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
無線通信機能 IEEE 802.11a/b/g/n
インターフェース USB 2.0×3、HDMI出力、アナログRGB出力、10/100/1000BASE-T LANなど
サイズ 幅330×奥行き223×高さ30.5mm
質量 約1.86kg
バッテリー駆動時間 約10.0時間
OS Windows 7 Home Premium 64bit版
価格 オープンプライス(実売価格 14万円前後)

筆者紹介─池田圭一

月刊アスキー、Super ASCIIの編集を経てフリーの編集・ライターに。パソコン・ネットワーク・デジタルカメラなど雑誌・Web媒体への企画提供・執筆を行なう一方、天文や生物など科学分野の取材記事も手がける。理科好き大人向け雑誌「RikaTan」編集委員。デジイチ散歩で空と月と猫を撮る日常。近著は「失敗の科学」(技術評論社)、「光る生き物」(技術評論社)、「これだけは知っておきたい生きるための科学常識」(東京書籍)、「科学実験キット&グッズ大研究」(東京書籍)、「やっぱり安心水道水」(水道産業新聞社)など。


前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン