このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第106回

AMDの「Fusion APU」は省電力PCの救世主となるか?

2011年02月19日 12時00分更新

文● 池座 優里

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

3D MarkVantage 1.0.2

 CPUコアの性能がわかったところで、ここからはFusion APUのウリの1つとなっているGPUコアの性能を確認していきたい。まずは、定番ベンチマークソフト「3D Mark Vantage 1.0.2」のスコアを見てみよう。今回はオンボードグラフィックということで、PerformanceとEntryのプリセットにて計測を行なった。
 まずEntryの結果を確認すると、GPUスコアはGeForce 210には及ばないものの、890GXとの比較では約1.7倍と大きく上回り、総合結果でも890GXより1割ほど高いスコアとなった。

3DMark Vantage [Entry](単位:score) better→

 次にPerformaceの結果を確認すると、こちらはEntryで後塵を拝したGeForce 210を上回り、今回計測した中では最も高いスコア。890GXとの比較でもGPUスコアは約1.5倍で、シェーダープロセッサ数が倍となっているRadeon HD 6310の優位性がうかがえる。

3DMark Vantage [Performance](単位:score) better→

3DMark06 1.2.0

 次に「3DMark06 1.2.0」の結果を確認して見よう。GeForce 210と比較するとSM2.0は約1割低く、逆にSM3.0は約1割高い結果で、総合でもわずかに上回った。
 一方、890GXと比較すると、SM2.0、SM3.0ともわずかに低く、総合性能でもあと一歩及ばない。こちらはシェーダープロセッサ数の少なさをクロックの高さで補うことができた結果と言える。

3DMark06(単位:score) better→

ストリートファイターIVベンチマーク

 実際のゲームパフォーマンスを確認するために、「ストリートファイターIVベンチマーク」でも計測を行なった。計測した解像度は1280×720ドット、それ以外の設定は初期設定のままとした。
 こちらは、GeForce 210が最も良いスコアで唯一30fpsを超えた。続くE-350でも28.71fpsということで、30fpsまであと一歩。描画設定を調整すればこのレベルのゲームならなんとかプレイ可能だ。890GXとの比較でも1割以上良いスコアとなっており、Fusion APUのGPU性能はオンボードとしてはかなり優秀といえる。

Street Fighter IV Benchmark(単位:fps) better→

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中