このページの本文へ

クラウド時代の製品・サービス選び第1回

適材適所のIT導入・活用をこの一冊がサポート

「クラウド時代の製品・サービス選び」で賢いIT活用を!

2011年02月21日 06時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 TECH.ASCII.jp編集部では、2月18日にムッククラウド時代の製品・サービス選び Vol.1を刊行しました。

 本書は、TECH.ASCII.jpやASCII.technologiesなどの記事を厳選し、1冊のムックとしてまとめたものです。クラウドコンピューティングというITアウトソーシングが今後拡がることは確実ですが、すべてがクラウドに移行するとはなかなか考えにくく、ユーザーやSIerは適材適所に製品やサービスを使い分ける必要があります。また、リーマンショック以降の投資抑制により、少ないコストで最大の効果を生みだす製品とサービスを選ぶノウハウや知識も重要になります。こうした賢いIT利用の一助となればと思い、技術解説一辺倒ではなく、真の意味で製品・サービス選びに役立つ知識を集めたムックとして作りました。

表紙

クラウドからサーバー、セキュリティまで失敗しないIT導入をサポート

「クラウド時代の製品・サービス選び Vol.1」

  • 著者:TECH.ASCII.jp編集部
  • 定価:1,280円 (本体1,219円)
  • 発売日:2011年2月18日
  • 形態:A4変 (112ページ)
  • ISBN:978-4-04-870370-3
  • 発行:アスキー・メディアワークス
  • 発売:角川グループパブリッシング
  • 目次:IaaS導入のベストチョイス/デスクトップ仮想化のすべて/知っておきたいクラウドのリスクとセキュリティ/失敗しないサーバー選びのポイント/仮想化&クラウド時代の最新大学事例/IBM CloudBurst完全解剖/最新製品レビュー(ヤマハ「NVR500」、フォーティネット「FortiGate-60C」、ALSI「InterSafe SecureDevice」)

 最新製品レビューのようにWebでは掲載されていないオリジナル記事もあります。クラウドに関わる人も、そうでない方も、2011年のIT導入・活用に必須の一冊です。ぜひ書店およびオンラインショップでお買い求め下さい。

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ