このページの本文へ

ファッションEC市場、9500億円に拡大も…矢野経済

文●通販通信

2011年02月16日 10時09分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 矢野経済研究所は2月15日、2015年のファッションEC市場の調査・予測を発表した。

 調査によると、2015年のファッションEC市場規模は9500億円、EC化率は6%と予測。また、2015年のファッション市場において、ECは「期待値の高いチャネル」としてさらに優位性を増し、中長期的に順調に拡大し続けると予測した。

 市場拡大要因として、(1)ユーザーにおけるクロスチャネル購買が定着、(2)企業・ブランドにおける「顧客主導型サービスの提供」のスタンダード化、(3)インターネットテクノロジーがさらに進化し、モバイルツール・デジタルサイネージのデバイス開発の進むことをあげた。

 調査期間は2010年8月~10月、調査対象はブランドホルダー企業、EC構築支援企業、クロスチャネルサービス展開企業など。調査方法は、同社専門研究員による直接面談、電話・メールによるヒアリング、文献調査併用。

 ■「ファッションEC市場2015年予測」(http://www.yano.co.jp/press/press.php/000744

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く