このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Apple Geeks 第28回

「Apple TV」のYet Anotherな使い方

2011年02月16日 12時00分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Apple TVを美味しく味わう2つのスパイス

 とはいえ、セットトップボックスとして見たApple TVのコストパフォーマンスは群を抜いている。あれこれ苦言を呈すのも、ソフトウェアを改良すればなんとかなりそうな気がするからで、実際「ちょっとした工夫」で操作性も機能も向上する。ここでは、前ページの意趣返しとして、Apple TVを美味しく味わう2つのスパイスを紹介してみよう。

iPhone/iPad用ストリーミングアプリ「Remote

 Apple謹製のiOSアプリ「Remote」は、単なるリモコンソフトではない。第一義的なメリットは、前ページで述べた「いったんルート階層に戻らなければ異なるカテゴリの再生に移れない」ことの解消で、音楽からビデオあるいはその逆と、サウンド/ビデオライブラリーを快適にブラウジングできる点にあるが、それだけではないのだ。

Apple Remoteではなく「Remote」でApple TVを遠隔操作すべし

ジェスチャーで選曲などライブラリー上のアイテムを操作することが可能

 それは、ビデオ再生機能の強化。バージョン2.1ではAirPlay経由でのビデオ配信(以下、AirPlayビデオ)に対応、iTunes上のビデオライブラリーをApple TVで楽しめるようになり、併せて「iTunesでは(OS XのQuickTimeの機能で)再生できるがApple TVでは不可」というビデオ、例えばSorenson Video 3でエンコードされたビデオを再生できるようになった。iTunesライブラリーに登録できるがiOSデバイスでは再生できなかったビデオを楽しめるというのは、AirPlayビデオの恩恵といえる。

このように、iTunesライブラリー上のビデオをAirPlayでApple TVに配信できる

Remote
作者 Apple 価格無料
ファイル容量15.2MB カテゴリエンターテインメント
対応デバイスiPhone/iPod touch
およびiPad互換
対応OSiOS 3.1.2以降

Mac用データ配信ユーティリティ「AirFlick

 以前少しだけ紹介した、Erica Sadun氏によるMac OS X用データ配信ユーティリティ「AirFlick」(関連記事)も、使い方次第では大いに役立つ。Apple TVで静止画を見ようとすると、MobileMeやFlickrにアルバムを登録したり、iTunesライブラリーとは別管理となるため何かと面倒だが、このAirFlickを使えばFinderからドラッグ&ドロップするだけで、PNGやJPEGなど、メジャーな静止画ファイルをApple TVで表示できる。フォントを滑らかにレンダリングする機能はないが、PDFも表示可能だ。

iTunesやMobileMeを通さず、JPEGやPDFをApple TVに出力できる「AirFlick」


■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中