このページの本文へ

ヤマト運輸、香港で「宅急便」事業を開始

文●通販通信

2011年02月15日 09時37分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 ヤマトホールディングスの子会社である香港ヤマト運輸は2月8日、香港で宅急便事業を開始した。

 同社は、香港の顧客のニーズに合わせ、日本同様の物流サービスを展開。年中無休(旧正月も営業)、22時までの時間帯を6つに区分して配達する「時間帯お届けサービス」、香港初の小口冷蔵・冷凍宅配サービス「クール宅急便」、配達時の商品代金決済サービス「宅急便コレクト」を提供する。また、香港から日本・台湾・シンガポール・上海といったアジアの主要都市へ安く配達する「国際宅急便」も取り扱う。

 荷物の発送には、セールスドライバーによる集荷・営業所への持ち込みのほかに、開業当初からコンビニエンスストアなどの取扱店も展開する。

 同社は18日、現地のカオルーン シャングリ・ラホテルで開業記念式典を開催する。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く