このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ガラケーはやっぱりスゴイ! ケータイの機能をとことん調べてみた 第54回

ドコモのタフネスケータイ「N-03C」をチェック!

2011年02月14日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソフトウェア自体はこれまでのケータイとほぼ同じ印象

 せっかくのタフネスケータイなので、TYPE-Xのようにアウトドア向けの独自機能があればと期待したが、ソフトウェアは従来のNEC製ケータイの機能を踏襲している印象。逆に普段使いのケータイがタフネスになった、と考えればいいのかしれない。

 もっともカメラのシーン設定には「水中撮影」があるし、「パノラマ撮影」は山で活躍しそう。ワンセグを起動すればサブメニューのワンセグ効果で「お風呂モード」を選択できる。音楽再生のサウンドエフェクトにも「お風呂モード」があるので、防水ケータイで一般的な機能はしっかり用意されている。

シーン設定には「水中」が、またパノラマ撮影にも対応している

 またスノーボードのブランド(BURTON)ともコラボしているので、スポーツシーンで利用することを考えている人もいるだろうが、もともとNEC製ケータイのカメラ機能はスポーツの撮影に向いている。カメラの起動時間は約0.5秒、クイックショットでは撮影間隔が約0.6秒、次々とシャッターを切りたい人に適している。さらにHD動画の撮影にも対応しており、PRIMEシリーズなのに画素数は8.1メガなんて、カメラ機能はイマイチなの? と心配する必要はない。

 音楽機能にもこだわっており、ドコモでは一般的なWMA、SDオーディオに加え、MP3ファイルの再生も可能。MP3の再生に対応している機種は案外少ないうえ、microSDのフォルダにコピーするだけで聞くことができる。ただし、microSDカードを取り出すにはバッテリを外す必要があるので、USBケーブルを使ってPCに接続する方法が手軽かもしれない。またスピーカーでは音響技術「Audyssey」が、イヤホンではドルビーモバイルの技術を使って高音質で音楽を聴ける。Bluetoothにも対応しているのでワイヤレスでの音楽再生も可能だ。

サウンドエフェクトには「お風呂モード」が、またメニューからデコメ化が可能な「かんたんデコメ」機能が用意されている

 メール機能における文字入力も強化しており、NECでは“さくさくメール”とうたっている。これは文字入力のレスポンスや画面の切り替えを高速にするとともに、辞書機能の強化で変換候補を充実させているとのことだ。普通に使っていると気づきにくいが、実際に入力していてストレスを感じることがない。防水や耐衝撃は不要という人でもこの機能は欲しい! という人が結構いそうだ。「かんたんデコメ」なども使えるので、通話とメールばかりというライトユーザーも試してみる価値はある。


マニアよりも学生などにウケそう?
一台を長く使いたいのならオススメ

 耐衝撃構造のケータイは、ほぼG'zOneという選択肢しかなかった中(つまりauを選ぶほかなかった)、お手頃価格で、しかもそれほど厚くなく、デザインも異なる本機が出てきたのはうれしいところ。ただしケータイに詳しい人からすると、“本機ならでは”という独自機能がなく、外観以外に新鮮味がない点は否めない。

 しかし1台のケータイをこれから長く使っていきたい、と思っている人は多いはず。そうなればこの頑丈な一台を選択するのはありだ。ライトユーザーがよく使うであろう、メール、カメラ、音楽再生といった機能には力が入っているし、普段使いでも快適なはず。これから大学に入学する人が買って、就活が始まる頃にスマートフォンに機種変更する、そんな姿も思い浮かんだのだがいかがだろうか。


■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン