このページの本文へ

2日間のイベントを一挙に振り返る

完璧なライブに進化した「ニコニコ大会議ツアーFINAL」

2011年02月11日 12時00分更新

文● 広田稔(@kawauso3

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

初音ミクも初登場! 美声を見せつけまくった歌い手編

 さて、ここからが本番のライブパート。これがもう興奮の連続だった。アンコールを含めた演目数は1日目が21本、2日目が23本。ライブだけでも2時間半を超える長丁場だ。

 中でも注目されていたのは、「初音ミク」の初参戦だ。「ミクの日感謝祭〜39's Giving Day〜」と同じく、ステージ上の透明ボードに背後から投影するという仕組みで初音ミクを「三次元に召還」していた。今回はユーザー制作の3Dアニメーションソフト「MikuMikuDance」のモデルとアニメーションを利用していたそうだ。

2日目には、初音ミクが出演。透明ボードに彼女が映し出されると開場からワーッと大歓声が上がる。光の当たる角度によっては、本当にステージに立っているように見える
初音ミクのあとにはサプライズゲストとして鏡音リンも出演! これには観客も驚いていた

 「歌い手」は、かなりのジャンルから集められていたため、長丁場で聴いていてもまったく飽きない。ぽこたさんや蛇足さんといったアイドル的な歌い手もいれば、鋼兵さん、やまだんさん、湯毛さんといった「熱血ソング」隊も参戦する具合だ。

 らっぷびとさん、タイツォンさんなどのラッパーや、UmiNekoさん、やまぐちたろうさんといった歌唱力で定評のある方々も出演。ステージでのアツいパフォーマンスを見て、普段は触れていないジャンルを聴いてみたくなった人も多かったのではないだろうか。


ダイジェスト動画





歌い手/男子パート

ぽこたさん「LOVEドッきゅん」(カッコ内は歌った曲。以下同)蛇足さん「呼吸」
Geroさん「Mirror」赤飯さん「骸Attack!」
けったろさん「dddawn!!」鋼兵さん「ショットガン・ラヴァーズ」
やまだんさん「レスキューファイアー」湯毛さん「ワールドエンド・ダンスホール」
らっぷびとさん「サンドスクレイパー」タイツォンさん「dddawn!!」
アリレムさん「dddawn!!」でにろうさん「サンドスクレイパー」
やまぐちたろうさん「KommSusserTod〜甘き死よ来たれ〜」UmiNekoさん「rain stops, good-bye」

歌い手/女子パート

MARiAさん「SPiCa」marinaさん「モザイクロール」(「DECO*27 feat. marina」として出演)
野宮あゆみさん「曾根崎心中」Hamarさん「エンドレス」
ちょうちょさん「メランコリック」のあるさん「S・K・Y」
うささん「夢、時々…」サリヤ人さん「celluloid」
プリコさん「ネトゲ廃人シュプレヒコール」祭屋(さいや)さん「ネトゲ廃人シュプレヒコール」


(次ページに続く)



注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン