このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

65万円の特別控除が受けられる青色申告にチャレンジ

青色申告らくだ2011で大幅節税を実現!

2011年02月10日 09時00分更新

文● 川添貴生/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ほぼ自動で決算書類や確定申告書を作成できる

 科目の登録まで終われば、後は実際に仕訳を入力していくことになる。ここでは売掛金の入力の流れを見ていこう。

 まずメインメニューの「日常簿記」タブから「売掛帳」を選択する。

 これで勘定科目「売掛金」において、補助科目として登録されている取引先が一覧表示される。ここで売掛金を登録したい取引先の「開く」ボタンをクリックしよう。

仕訳の登録画面。検索コードにローマ字を割り当てた場合、「uri」などと入力すると、入力した内容を含む検索コードが候補として表示される

 これで売掛帳が表示されるので、相手勘定科目と相手補助科目、摘要、売上金額を入力するという流れだ。

 また請求に応じて入金があった場合、支払い方法に応じて勘定科目を指定し、入金された金額を「回収金額」として入力すれば自動的に消し込みが行なわれ、もし残金がある場合は残高欄にその金額が表示される。

集計表タブにある「残高試算表」を表示したところ。ワンクリックで貸借対照表と損益計算書、製造原価報告書を切り換えられるほか、対象となる日付の範囲も設定できる

 こうして入力した内容は、自動的に関係する帳簿にも反映される。

 たとえば売掛金に対して口座に振り込みが行なわれ、売掛帳で入金された金額を入力した場合、預金出納帳にその内容が反映されるという流れである。さらにこうして入力した内容は集計表にも反映される。

 たとえばメインメニューの「集計表」から「現預金明細表」を選ぶと、現金や銀行口座の残高を確認可能だ。

 当然ながら勘定科目ごとに表示/非表示を切り替えられるほか、期間を指定することもできる。

こちらは集計表のタブにある残高推移表。損益計算書で各月の売上高や仕入れ高を確認することが可能なほか、貸借対照表に切り換えれば同様に各月の現金や預金額の推移が見られる

 こうして1年分の仕訳を入力したら、最後はいよいよ決算だ。

 ここでは決算書を作成することになるが、自宅を作業場として利用している場合、たとえば電気代のうち事業用に使っているのは何割、といった按分を行なわなければならない。

 このための機能も青色申告らくだには搭載されている。「決算」タブの「家事按分」を選択すると、水道光熱費や通信費、地代家賃といった勘定科目が並んでおり、それぞれに家事割合を入力することが可能になっている。

 ここでそれぞれ入力した後、画面下の「仕訳書出」を選択すると、自動的に仕訳が登録されるという流れだ。

決算タブには家事按分振替の機能が用意されている。自宅を作業場として使っている際、家賃や光熱費を、事業と家庭用で按分するための機能で、そのための仕訳も自動的に登録される

 決算書もそれまでに入力した内容から、自動的に生成される。もちろん確定申告に必要な書類も出力できる。

 なお初回出荷版では、申告書の様式が確定していない時期にリリースされているため、確定申告書を出力することができない。「サポート」タブ内にある「ダウンロード」をクリックし、アップデータを入手しよう。

 原稿執筆時点では、「Rev.2.00 【平成22年分 確定申告書B対応版】」がすでに公開されており、これを適用することで今年の様式に合わせた確定申告書を出力することができる。

決算タブにある「決算書」をクリックすれば、決算書を見ることができる。会計ソフトを利用すれば、複雑な計算を自分で行なう必要がない

 実際に操作してみると、勘定科目まで登録してしまえば仕訳の入力に不便を感じることもなく、個人事業主向け会計ソフトとして考えれば集計表や決算関係の機能も必要十分だろう。

 またマニュアルがしっかりしているため、基本的な使い方で戸惑うこともない。

確定申告書類を作成したところ。右下の「印刷」ボタンを押せば、税務署で配布されているOCR用紙に印刷できる

 実際に活用するためには複式簿記の知識は必須だが、青色申告のメリットやお金の流れが掴みやすくなることなどを考えれば、個人事業主でも勉強する価値は十分にある。

 ぜひ青色申告らくだ2011で、節税対策として青色申告にチャレンジしてみよう。

NTTデータ製の「電子申告の達人2011(個人納税者用)」が同梱されており、青色申告らくだ2011のデータを使って電子申告することが可能。なお、専用のWebサイトで必要な準備を確認できる

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ