このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ミクZ4、3年目の本気! SUPER GT激闘記第2回

ワンフェス会場で3チームがレース参戦を発表!

2011年02月08日 18時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 フィギュアの祭典「ワンダーフェスティバル2011[冬]」が6日に開催されたが、その中で3つのレーシングチームが参戦発表をしたので、その様子をお届けする。

 今回参戦を発表したのは、ASCII.jpではすでにインタビューを掲載した、GT300クラス「GSR & Studie with TeamUKYO」、同じくGT300クラスの「エヴァンゲリオンレーシング」、そしてスーパー耐久から「KYOSHOアリスモータース」の3チーム。フィギュアの祭典でまさかレースへの参戦体制発表がこれほど盛んになるとは、去年までのワンフェスでは考えられない状況だ。

GSR & Studie with TeamUKYO

 さて、まずは「GSR & Studie with TeamUKYO」から。どのような体制になったのかは、グッスマ・安藝社長へのインタビューを見ていただきたい(関連記事)。ワンフェス会場に登場した片山右京氏、谷口信輝選手というミスマッチな組み合わせに、胸が熱くなった人も多いだろう。マシンの展示は09年まで使っていたミクZ4だったが、今シーズンのモデルは3月までに日本に上陸し、岡山での合同テストに参加するとのこと。また、お楽しみのマシンカラーリングは開幕戦ギリギリに公開とのこと。

 また、スペシャルサポーターとなった小林可夢偉選手からビデオメッセージが届くなどのサプライズもあった。

 谷口選手、可夢偉選手、右京氏というレース業界で話題を集める選手たちが参加するということもあり、参戦体制発表会には、数多くのメディアが詰めかけていた。今年は「勝ちにいく」とチーム全員が豪語するように、白熱のトップ争いが期待できるだろう。

大型モニターには、新チームのロゴや今期のレーシングミク、そしてニューマシンなどが次々と映し出された
GTドライバーの中でもトップクラスの実力を持つ、谷口信輝選手。「チャンピオンしか考えていない!」とキッパリ。彼と番場選手なら必ずやり遂げるに違いない
鈴木代表はもちろん、チーム参戦当初からレースクイーンを務めているAYAMIちゃんも、今期続投決定!強力なドライバー、強力なマシンを用意され、大橋監督も「勝ちにいきます!」と頼もしい発言
大先輩のドライバーである谷口選手とコンビを組む番場選手。チャンピオン争いの手助けをすべくBドライバーで続投!カミカゼ・ウキョウこと片山右京氏もチームに参加! 90年代のF1シーンを駆け抜けた日本人ドライバーのディレクションはいかに!?
F1のテストのため、すでに海外へ旅立ってしまった小林可夢偉選手は、ビデオメッセージをくれた。個人スポンサーの代表として、ぜひASCII.jpの応援シートにも来てほしい!
今期の個人スポンサー制度だが、まずは左の3コースの募集が始まった。のちほど、グッズ付きの2コース(右)の募集を開始するとのこと。今回はfigmaコースもあるなんて、財布が武者震いするな
このチームはどれだけファンに夢を与えてくれるのか!? そして、その夢を現実のものとしてくれるのだろうか? 期待しよう
今年のレースクイーンはこの3名。立花サキちゃん(左)、AYAMIちゃん(中)は去年からの顔ぶれ。ニューカマーの蒼井晴香ちゃん(右)はどんなキャラを見せてくれるのか?再びBMWでの参戦に、はち切れんばかりの笑顔を見せる鈴木代表

深夜の生放送もテンション高め!

「朝まで生ワンホビ」に出演したチームスタッフ。出番は深夜の2時30分からだったが、時間が押して3時過ぎになってしまった。みんな若干眠そうだ

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ