このページの本文へ

日本HPのコンサルタント/エンジニアが導入サポート

日本HP、異ベンダーのUCを統合する新サービス

2011年02月08日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月7日、日本ヒューレット・パッカードは、ユニファイドコミュニケーション&コラボレーション(UC&C)ソリューションのポートフォリオを強化すると発表した。マイクロソフト、アバイア、ポリコム、アルカテル・ルーセントなどとグローバルでの協業をベースに、国内でもUC&Cソリューションを強化し、各ベンダーのユニファイドコミュニケーション製品を統合した新サービスを提供する。

UC&Cソリューションのポートフォリオを強化すると発表

 新サービスとして、「UC&C Voice Transformation」「UC&C Virtual Workplace」「UC&C Communications Enabled Solutions」の3つを3月1日より提供開始する。

 UC&C Voice Transformationは、PBX、IPテレフォニー、ネットワークの最適化サービス。分散された複数のPBX環境を集中型のソリューションに置き換えたり、既存PBX環境の投資を保護しながらユニファイドコミュニケーション機能を実装する。

 UC&C Virtual Workplaceは、デスクトップ環境、ビデオコラボレーションの最適化サービス。現状のネットワーク環境を可視化し、音声及びビデオを導入した場合の影響を調査。メールやポータルといったソフトウェアおよびモバイル環境を統合する。

 UC&C Communications Enabled Solutionsはビジネスアプリケーションの最適化サービス。コンタクトセンター基盤を集約化し、コストを最適化したコンタクトセンターインフラ環境を構築し、ビジネスプロセスにコミュニケーション機能を統合する。

 各サービスとも、日本HPが従来から提供している戦略策定コンサルティングサービスであるBusiness Value Serviceを始めとするUC&Cソリューションに加え、マイクロソフトの「Lync」、アバイアのIPプラットフォーム「Avaya Aura」、マルチベンダー環境でUCを実現するソフトウェアプラットフォーム「Avaya Agile Communication Environment」、ポリコムのビジュアルコミュニケーションソリューション、アルカテル・ルーセントの「Visual Communication」、「Genesys」を統合し、顧客のニーズに適合したサービスを提供する。

 また、サービス提供にあたっては、日本HPのコンサルタント/エンジニアが顧客への導入をサポートするとしている。


カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ