このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

早速触った!キヤノン 「EOS Kiss X5 & X50」

2011年02月07日 14時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デジタル一眼初心者向けの機能も
もりだくさんの両機

「機能ガイド」は設定選択時だけでなく、選択画面にも表示されるので、機能を設定しながらその機能を覚えることができる

 X5とX50では、背面モニターに「クイック設定」画面を表示すると、撮影モードをはじめ、あらゆる機能についての説明文が表示される「機能ガイド」が利用できる。初めてデジタル一眼レフを使う人でも安心して操作できる。

モニターに表示される項目を選んでいくだけで、思い通りに写真を仕上げることができる「クリエイティブオート」
ライブビューにすれば、実際の仕上がり具合を確認しながら設定できる

 また、60Dで採用された「表現セレクト」機能も搭載されている。ホワイトバランスやシャープネス、コントラスト、色調や露出補正など、ある程度デジタル写真の知識がないとなかなかいじれない項目を、専門的な用語を使わずに“イメージ”で表示する機能だ。

 撮影モードを「CA」(クリエイティブオート)に設定することで、同機能を使用可能になる。

すでにあるフォルダーを選択するだけでなく、新規にフォルダーを作成できるので、撮影場所を変えるたびにフォルダーを変えて記録する。ということができる

 さらに、上位機種には備わっていた記録画像を保存するフォルダーを選択する機能がようやくKissにも備わった。記録するフォルダーを選択できれば、場所ごとや日付けごとなど、写真の整理が後々しやすくなる。個人的には待望の機能だ。

ミドルクラス機並みの「X5」と
お気軽なエントリー機「X50」

左のX5に比べて右のX50は若干小振り
左のX5に比べて右のX50は若干小振り
X5はボタン類も多く機能が色々とありそうな雰囲気。X50はシンプルだ
X5はボタン類も多く機能が色々とありそうな雰囲気。X50はシンプルだ

 X5はすでにエントリーレベルを超える機能を持っている。X4でも十分な機能だったが60Dの機能を巧く吸収して、ミドルレンジに食い込むほどの機能アップを果たしている。もうKissの名前ではく、普通に「EOS X5」あたりを名乗って、新シリーズにしてもいいレベルだ。

 ただ写真を撮るだけでなく、より面白い写真を撮れるような機能が盛りだくさんで、小型軽量なボディを活かしてワンランク上にステップアップしたい人にはまさにうってつけだ。

 X50はX5や従来機のX4と見比べると、いかにも廉価版といった雰囲気を感じるが、こちらこそKissシリーズの本来の在り方だと思う。あまり写真の出来栄えを追求せず、単純に写真を撮りたい、という人向けだ。

 最近はコンデジの普及率が高く、気軽さ最優先ならコンデジでいいと思うが、それでも暗い場所での高感度特性やレンズ交換の面白みを楽しみたい、また将来的にも写真を少し楽しんでみたいと思える人にはお奨めできる。

 画素数がちょっと少ないと感じるかもしれないが、1200万画素もあればA4程度までのプリントなら問題ない。コンデジよりはいい写真を撮りたいけど、仰々しいのはちょっと……と思える人にはまさにピッタリのデジカメだ。

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン