このページの本文へ

複数のセキュリティ対策機能を1台のメールサーバに搭載

日立ソリューションズ、「Messaging Gear」の発売を開始

2011年02月02日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月1日、日立ソリューションズは、米Sendmailが提供するアプライアンスサーバー製品「Messaging Gear」の販売を2月14日から開始すると発表した。価格はオープンプライス。

アプライアンスサーバー製品「Messaging Gear」

 Messaging Gearは、メールシステムに関連したメール流量制御などを含むセキュアなメール配送および、ウィルス対策やスパム対策を含むコンテンツフィルタなどの機能を持つソフトウェア「Sentrion」を搭載した1Uサイズのアプライアンスサーバ製品。

 顧客企業のネットワークやセキュリティ環境を事前にヒアリングし、あらかじめ設定しておくことで、すぐに利用できる状態で出荷できる。これにより、メールシステムの構築費用や期間を大幅に削減可能。また、メール流量制御機能、万全なセキュリティ環境でメール配信を制御する機能、クラウドマークのスパム対策エンジン、マカフィーのウィルス対策エンジンなどを選択可能となっている。

 製品構成一覧は下表の通り。

 同社では、Messaging Gearを中小規模の企業やISPの会員向けなどの大規模なメールシステムの構築を検討している企業などに向け販売する予定だとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ