このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第134回

ハイブリッドGPS搭載のデジカメ「EX-H20G」を衝動買い!

2011年01月28日 23時00分更新

文● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 撮影開始に際してユーザーがしなければならないことは、メニュー画面を選択して、設定画面で「GPSオン」、「緯度経度記録オン」の2つを行なうことだ。あとは、EX-H20Gを持ち歩いて、好きな場所で好きな被写体に向けて、GPSを意識することなくただシャッターを切ればよい。

 ハイブリッドGPS機能は、カメラの現在所在位置から緯度経度を割り出したうえで、カメラ内部のメモリーにあらかじめ登録された近隣のランドマークライブラリーから最適な場所名を液晶画面上に表示してくれる。徒歩や乗り物に乗って移動中なら、移動距離に応じて最適なランドマークを選択/表示する。

 登録済みランドマークは、すべての地名や場所名を網羅しているわけではないので、表示されたモノが該当しない場合がある。そんな時は、ユーザーの判断で表示しないよう選択することが可能だ。カーソルキーを使って、近接位置のランドマークを選択しても良いだろう。

 設定で「タイムスタンプ」機能や「地名スタンプ」機能をオンにすれば、撮影した写真に日時データやランドマークが合成される。

設定で「タイムスタンプ」や「地名スタンプ」をオンにすると写真に挿入表示される。観光地巡りなどでは「地名スタンプ」オンで、記録を残すと便利かも
美術館や名所旧跡、著名な建物名は、ランドマークライブラリーに登録済み。台東区内を走るコミュニティバス「めぐりん」の「(樋口)一葉記念館入り口」前で撮影したところ、地名スタンプは正しいロケーションを指し示した自宅の近所にある”おそれ”「入谷の鬼子母神」も、ランドマークに登録されていた
DISPボタンを押すことで、緯度経度など撮影画像の詳細な地理データ、撮影日時などが表示される

 EX-H20Gの上面中央には「GPSアンテナ」が、その左側には「地図ボタン」と「現在位置ボタン」の2つのボタンが配置されている。この地図ボタンを押すことで、カメラのディスプレー液晶の表示がGPS地図に切り替わる。

カメラ上面中央に誇らしげに描かれた”衛星アイコン”は、「GPSアンテナ」を示す。GPSアンテナの左隣にある小さなボタンはパワースイッチだ
上面左側端にある”人アイコン”が「現在位置ボタン」、その右横に並ぶ”地球儀アイコン”が「地図ボタン」だ

 GPS地図上では、撮影者の移動ルートが赤い連続するドットで示される。青色のアイコンは、撮影を行なったポイントだ。この青色のアイコンは、まるでゲームキャラクターの「パックマン」のような、一部が欠けた円グラフの形をしており、パックマンの口の部分が東西南北の撮影方向を示している。

歩行経路がGPS地図上に赤い点でプロットされる。青い丸が撮影ポイントで、欠けている部分が撮影方向を示す。地図上の青いポイントで撮影された写真は、ディスプレー右側にサムネイルとして表示される

 地図上の青いポイントで撮影された写真は、ディスプレー右側にサムネイルとして縦に表示される。サムネイルを選択すると、対応する青いポイントが点滅するようになっており、写真と撮影場所をディスプレー上で紐付けて把握できるよう工夫されている。

 また移動ルートのポイント記録は、モーションセンサーの機能により、電源オフの時でも10分ごとにGPS情報を取得して記録している。カメラを自宅やホテルの部屋などに長時間放置した場合などは、モーションセンサーが感知しないため”移動なし”と判断されて、GPS情報の取得は行なわず省エネルギー駆動を実現している。これはハイブリッドの効能だろう。

 これら移動ルートの記録は、ログとして最大7日間の保存期間を設定可能だ。筆者は原稿を書くべく、データ収集のために1月23日に自宅近所の下町を散策したが、その前日までの2日間は富山県高岡市にいた。移動ルートは地図上にプロットされており、富山県の2日間で撮影したすべての写真データが詳細な地理情報と共に記録されていた。

東京以外に、確かに金沢の東側、富山湾の西の端「高岡市」付近にも「撮影した」マークが記されている。恐るべしGPSデジタルカメラ!新潟の「越後湯沢」駅から「上野」駅まで乗った上越新幹線での移動がプロットされている。上野から青山一丁目まで、東京メトロ銀座線で移動しており、それも途中までプロットされている
高岡駅から氷見、雨晴方面に移動していることが地図上から読み取れる高岡市内にある、国宝の「瑞龍寺」も著名なランドマーク

 世界初のハイブリッドGPS搭載を誇るカシオ「EX-H20G」は、極めて便利で実用度の高い、有用な新世代デジカメだ。撮影した写真は、Google Earth上などで位置情報付き画像として表示可能なので、旅行などのスナップショットが今まで以上に楽しくなるだろう。

 ただし、ユーザーに意識させることのないデータ記録のメカニズムは、常に行動を監視する記録メディアを自ら持ち歩くことでもある。時と場合によっては”動かぬ証拠”を自ら証明する危険な存在になるかもしれない。お気を付けて~!

無線LAN内蔵SDカード「Eye-Fi」とEX-H20Gを組み合わせて活用すれば最強だろう

T教授

今回の衝動買い

アイテム:カシオ「EX-H20G
購入価格:3万500円(ヨドバシカメラ マルチメディア上野にて購入)

T教授

 日本IBMから某国立大芸術学部教授になるも、1年で迷走開始。今はプロのマルチ・パートタイマーで、衝動買いの達人。

■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン