このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

低価格HDビデオカメラにタッチ機能搭載

タッチパネルで快適に!? ソニー「Bloggie Touch」を検証する

2011年01月26日 12時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 手軽に静止画やHD動画を撮って、動画共有サイトやSNSに簡単にアップロードして楽しめるソニーの「Bloggie」がモデルチェンジした(関連記事)。

 直感的なタッチ操作ができる「Bloggie Touch」とハイビジョン3D撮影ができる「Bloggie 3D」の2種類が登場したが、今回はタッチ操作が可能なBloggie Touch(MHS-TS20K)を紹介する。Bloggie Touchは2月25日発売予定で、予想実売価格2万5000円前後となる。

スマートフォンライクな外観

液晶モニターは3型ワイド液晶で、動画撮影用のボタンが備わる 背面側には撮影用のレンズがあるのみ
液晶モニターは3型ワイド液晶で、動画撮影用のボタンが備わる背面側には撮影用のレンズがあるのみ

 形状的には回転レンズを搭載した従来機種「MHS-PM5K」の後継機を思わせるストレートボディだ。ただし、レンズの回転機構はなくなり、タッチ操作をメインにするため、ボタン類が少なくなった。

 本体サイズは幅52×奥行き15.2×高さ107mmで、重さは125g。一見すると最近流行のスマートフォンのようにも見える。

電源ボタンと静止画用シャッターボタンが並ぶ。マイクも同じ面に備わっている HDMI端子はカバー付きだ
電源ボタンと静止画用シャッターボタンが並ぶ。マイクも同じ面に備わっているHDMI端子はカバー付きだ

 インターフェースは、側面にメインスイッチと静止画用のシャッターボタンが並び、液晶下部に動画用の録画ボタンが備わる。シャッターボタンの反対側の側面にはHDMI端子があり、下部にはUSB端子が内蔵されていて、端子を押し込むと飛び出す仕組みになっている。

下方にUSB端子を搭載。左側を押すと飛び出す仕組みだ
上部にスピーカーが備わっている

 マイクはシャッターボタン側に備わっているため、再生してみるとほぼ同じ音が左右両方から聞こえる。ちなみにスピーカーは側面上方(レンズに近いところ)に2つ備わっている。

 撮像素子は総画素数1300万画素、1/2.5型のExmorCMOSセンサーを採用している。静止画撮影時の最大記録画素数は1280万画素になる。選べる記録解像度は4128×3096ドット(4:3)、3840×2160ドット(16:9)、1920×1080ドット(16:9)の3種類だ。

 動画撮影時には、1920×1080ドット/30p、1280×720ドット/60p、1280×720ドット/30pの3種類の画質設定を選択できる。顔検出機能と電子式の手ブレ補正機能が備わっているが、露出制御はすべてカメラまかせになる。

 35mmカメラ換算で約37mm相当の単焦点レンズが搭載されている。光学ズームはないがデジタルズームで最大4倍まで拡大できる。最短撮影距離は約10cmで、AFの動作速度は一般的なコンパクトデジカメよりも若干遅い印象だ。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン