このページの本文へ

アスクテック「MK-OC500A」、「MK-OC250A」、「MK-FT350E」

角度調整可能なベンチ台などクリアPCケース3製品が発売

2011年01月19日 23時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスクテックから素材に透明のアクリルパネルを使用したクリアPCケース3モデルが登場。ツクモパソコン本店で販売中だ。うち2モデルはフルオープンATX対応の“まな板”となる。

マザーが傾くベンチ台「MK-OC500A」

「MK-OC500A」
0~90度まで角度調整が可能なマザーボードベースを備えたテストベンチケース「MK-OC500A」

 「MK-OC500A」は、0~90度まで角度調整が可能なマザーボードベースを備えたテストベンチケース。ATXからMicroATX、Mini-ITXまで対応し、ドライバーレスでマザーを取り付けできる。サイズは402(W)×320(D)×422(H)mm、ドライブベイは5インチ×1、3.5インチ×5、2.5インチ×2、PCIスロット×7という構成。材質は熱強化の透明アクリル。価格は1万800円だ。

横から
ATXからMicro ATX Mini-ITXまで対応し、ドライバーレスでマザーを取り付けることもできる

スタンダードなテストベンチケース「MK-OC250A」

「MK-OC250A」 横置きタイプのスタンダードなテストベンチケース「MK-OC250A」

 「MK-OC250A」は、横置きタイプのスタンダードなテストベンチケース。マザーサイズはATXからMicroATX、Mini-ITXまで対応。サイズは460(W)×245(D)×280(H)mm、ドライブベイは5インチ×1(最大2基)、3.5インチ×2(最大4基)、PCIスロット×7という構成。材質は熱強化の透明アクリル。価格は4480円。

E-ATXまで搭載可能なフルタワータイプの「MK-FT350E」

「MK-FT350E」
E-ATXまで搭載可能なフルタワータイプのPCケース「MK-FT350E」

 「MK-FT350E」は、E-ATXまで搭載可能なフルタワータイプのPCケース。全体サイズは222(W)×545(D)×460(H)mmで、ベイ数は5インチ×5、3.5インチ×5、PCIスロット×7という構成。全てオプション扱いながら、フロント120mm×1/トップ80or90or120mm×1/サイド120mm×2/リア80or90or120mm×1が搭載可能だ。価格は1万2800円となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中