このページの本文へ

企業ポータルの基盤製品がバージョンアップ

レッドハット、JBoss Enterprise Portal Platform 5.1発表

2011年01月13日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1月12日、レッドハットは企業向けポータル基盤となるJBoss Enterprise Portal Platformの最新版である5.1を発表した。

 新バージョンでは、ポータルの立ち上げを早期に行なうためのテンプレートの機能が提供されたほか、Webサービス経由でのポートレットの相互運用を可能にするWeb Services for Remote Portlets 2.0に対応した。オープンソースソフトウェアとして提供され、テクニカルサポート、製品のアップグレード、修正プログラムを含んだ年額のサブスクリプション費用は16コアあたり218万4000円(税別)となっている。

JBoss EPP Site Publisher

 また、あわせて共同開発を行なっているeXo Platform社が開発したWebコンテンツ管理アドオン「JBoss Enterprise Portal Platform Site Publisher」を正式サポートした。Webコンテンツの作成、承認ワークフロー、コンテンツの配信、編集、テンプレート、コンテンツ検索などが可能になる。年額のサブスクリプション費は16コアあたり218万4000円(税別)からになる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ