このページの本文へ

CommandCenter Secure Gatewayの仮想アプライアンス版

ラリタン、ITインフラの統合管理製品を仮想アプライアンス化

2011年01月13日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1月12日、ラリタンは、ITインフラの統合管理を行なう「CommandCenter Secure Gateway(以下、CC-SG)」の仮想アプライアンス版の販売を開始した。価格はオープンプライス。

CommandCenter Secure Gateway5.0.5管理画面

 CC-SGは、シングルサインオンでITインフラのアクセス制御を集中管理するアプライアンス。CC-SG仮想アプライアンス版は、VMware vSphere 4.0上で動く新しい仮想管理ソリューションで、ハードウェアアプライアンスのCC-SGが持つ機能をすべて備え、ITインフラ全体を1つのWebブラウザインターフェイスから管理できる。

CC-SG仮想アプライアンス版の主なメリットは以下の通り。

初期費用の低減
 すでに仮想環境に移行したサイトはもちろん、これから仮想環境への移行を検討しているサイトは、専用のハードウェアを用意せずCC-SGの構築が可能
簡単なフェイルオーバー
 仮想環境の管理機能を使えば、CC-SG自体の管理を柔軟にでき、物理マシン間での移動やバックアップイメージの管理に自由度をもたせられる。仮想機能によるフェイルオーバーを利用すれば、専用のハードウェアアプライアンスとそのライセンスを2台分用意する必要がなく、コストも削減できる

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ