このページの本文へ

Sandy Bridgeこと新Core iシリーズが登場 第4回

自作ユーザー集結! インテル新CPUが深夜に販売解禁!

2011年01月09日 03時50分更新

文● 増田、ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本日1月9日の午前0時1分よりインテルの新しいCore i7/i5シリーズのCPUと、その対応マザーボードの販売が一斉にスタートした。ここでは、恒例の深夜販売の様子を一気にお伝えしていこう。

解禁

本日1月9日の午前0時1分よりインテルの新しいCore i7/i5シリーズCPUとその対応マザーボードの販売が一斉にスタート

 深夜販売を行なったのは、ドスパラ秋葉原本店とTWOTOP秋葉原本店の2店舗。いつもの深夜販売と比べると参加店舗も少なく、当初はやや寂しいものとなるかもしれないと勝手に想像していたのだが、それは大きな誤算だった。
 ドスパラ秋葉原本店のイベント会場となったCAFFE SOLARE(カフェソラーレ)LinuxCafe秋葉原では、22時の開始直後から多数の立ち見客で溢れかえるほどの盛況ぶり。一方のTWOTOP秋葉原店でも、23時の開店を前に、一時は200人を超える行列ができていた。

深夜販売を行なった2店舗の前には、発売を心待ちにするユーザーの長い行列ができていた

ドスパラ主催の「インテル 最新プロセッサー 発売記念カウントダウン♪」会場。

CAFFE SOLARE

テクニカルライターの高橋敏也氏(写真左)や、声優の古谷徹氏を迎えてのトークショーは毎度のことながら大いに盛り上がった

 また関係者も含めて驚いたのが、これら集まったユーザーのほとんどが、純粋に新しいCore i7/i5シリーズCPU目当てに来た人達だったという点。深夜販売によくある特価品目当てのユーザーは少なく、皆がCPUとマザーボードしっかりと購入する姿がほとんどだった。

TWOTOP秋葉原本店では22時から購入引換券を配布。わずか5分で「Core i7-2600K」と「Core i5-2500K」が完売。午前0時前後には「Core i5-2500」も完売となった

23時にTWOTOP秋葉原本店がオープン。深夜だというのに店内は大混雑! ちなみにレジが動くのは午前0時1分から。それまでの間、CPUの購入引換券を貰った人が、対応マザーボードや周辺機器などを吟味していた

TWOTOP秋葉原本店では、インテル純正の「DP67BG」や「DH67BL」など、午前0時1分の販売開始を前に在庫切れとなるマザーボードもあった

店員のカウントダウンで、9日午前0時1分についにTWOTOPで販売がスタート。新CPUとマザーをセットで買った先着50名には、ノベルティグッズやHDDなどが入った福袋がプレゼントされた

新CPUかマザーを購入すると、外付けTVキャプチャーBOXや液晶モニタ、インテル製SSDなどが当たるガチャポン抽選会に参加できた

一方、LinuxCafeでも午前0時1分にクス玉が無事に割られ、販売開始を祝った

ドスパラ秋葉原本店で飛ぶように売れていくCPUとマザーボード。中には2個セットで購入していく人も。ASUSTeK製の一部マザーボードも完売続出という状況だった

 売れ行きの方は、事前の人気が予想された「Core i5-2500K」と「Core i7-2600K」が好調で、完売となったのはもちろん、ASUSTeK製の一部マザーボードも完売続出。また、ASRockの上位モデル「P67 Professional」や「P67 Extreme6」等も人気を集めているようだった。
 本日朝から本格的な販売がスタートする新しいCore i7/i5シリーズCPUとその対応マザーボードだが、非常に好調な滑り出しと言って間違いないだろう。

本日朝から開店のアーク(写真左)と、ソフマップリユース総合館(左)の様子。陳列も終わり、あとは開店を待つだけという状況だ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中