このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」第46回

デジタルギアでホームパーティーを盛り上げる技

2010年12月28日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
デジタルギアは格好のネタに
ホームパーティーでは、デジタルギアは格好のネタになる

 冬は忘年会や新年会の季節。仲間内なら、ホームパーティーにすると安く済むし、時間を気にせず楽しめる。筆者は毎月のようにホームパーティーを開いて、友人たちと騒いでいるが、その際に手持ちのデジタルギアを紹介(自慢)したり、使ってもらって意見を聞いたりして、リアクションをチェックしている。今回は、フォトフレームやiPhone/iPadを使って好評を得た技を紹介しよう。

ホームパーティーはデジタルギアで盛り上げる

 気心の知れた仲間が集まっているなら、食事をしてお酒を飲んでいるだけでも楽しいもの。しかし、筆者のホームパーティーは、20代と30代とか、異なるグループの男性と女性など、初めての人同士が顔を合わせることが多い。そんな時は何かしらの話題やゲームを提供すると、場の雰囲気がよくなる。そこで活用したいのが、iPhoneやiPadだ。

 まずお勧めなのが、iPhone/iPod対応のスピーカーだ。BGMとして、何か音楽を流しておきたい時に役立つ。もちろん、自分のiPhone/iPodに入っている音楽を再生してもいいが、友人たちのアルバムを聴かせてもらうのも面白い。知らない曲でも本人に聞けば、詳しく教えてくれるだろう。同じ趣味なら共通の話題となり、会話の切っ掛けになる。

 筆者はこうした用途に、ロジクールの「Logicool Pure-Fi Express Plus」(直販価格 9980円)を愛用している。DockコネクタにiPodやiPhoneを装着するだけで再生できる。iPhone/iPodの充電も可能なので、ホームパーティーの時は取り合いになることもあるほど。

Logicool Pure-Fi Express Plus ロジクールのiPhone/iPod対応スピーカー「Logicool Pure-Fi Express Plus」

 スピーカーの後ろでも臨場感のある音を楽しめる「360°サウンド」に対応しているので、人が入り乱れるパーティーでも問題なし。しかも乾電池で動作するので、庭でバーベキューをする際に持ち出してもいい。

 フォトフレームもホームパーティーで大活躍してくれるアイテムだ。過去のイベントで撮影した写真を再生すれば、酒のつまみになる。そうした写真には初参加の人が意外と食いつくので、人の紹介にもなる。iPadでもフォトフレーム代わりに使えるが、その間はアプリなどを利用できなくなる。写真を映しっぱなしにしたいなら、専用のフォトフレームを使いたい。ソニーの「DPF-XR100」(直販価格 3万9800円)のような高機能モデルなら、いろいろなスタイルで再生できるし、リモコンも付いている。

DPF-XR100 DPF-XR100
スタイリッシュなデザインのフォトフレーム「DPF-XR100」メモリースティックやSDメモリーカード、CFカードなどに対応するスロットを備え、USBケーブルでデジカメを直接接続することもできる
付属のリモコンで巻き戻すなどの操作が可能 スライドショーで気になる写真があったら、付属のリモコンで巻き戻すなどの操作が可能

 DPF-XR100は、10.2型液晶ディスプレーを搭載するフォトフレームで、映りがキレイで写真を表示するのにぴったりだ。上下左右160度の広視野角パネルにより、みんなで覗き込むこともできる。LEDバックライトを採用しているので、明るい上に省電力。1日10時間表示しても、電気代は1ヵ月約40円で済む。BGMも再生できるので、気合いを入れたスライドショーを仕上げて表示することも可能だ。

フォトフレームを囲むと意外に盛り上がる フォトフレームを囲むと意外に盛り上がる

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン