このページの本文へ

ホットスワップ可能な冗長化電源ユニットを内蔵

NEC、ネットワークパーティション機能搭載のスイッチ

2010年12月22日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月21日、NECは、「UNIVERGE IP8800/Sシリーズ」にギガビットイーサネット・レイヤ3スイッチを3モデル追加。2011年3月1日より出荷開始する。

UNIVERGE IP8800/S3650-20S6XW

 新モデルは、UNIVERGE IP8800/Sシリーズのボックス型スイッチとしては初めて、複数の異なるネットワークを仮想的に1台の装置に収容できる「ネットワークパーティション機能」を搭載。これにより、部門や業務ごとにスイッチを用意する必要がなくなり、スイッチの台数や回線数を大幅に集約できるため、コスト削減、省電力、省スペースを実現できるという。

 また、ホットスワップ可能な冗長化電源ユニットを内蔵し、ネットワークを停止させずに電源の交換ができる。

 ラインナップは1Uサイズに6ポートの10Gbpsアップリンクポートを搭載したS3650-24T6XW(1Gbpポート×24ポート)、S3650-20S6XW(1Gbpポート×20ポート)、4ポートの10Gbpsアップリンクポートを搭載したS3650-48T4XW(1Gbpポート×48ポート)の3モデル。

 価格(税抜)は、S3650-24T6XWが190万円、S3650-20S6XWは296万円、S3650-48T4XWが291万円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ