このページの本文へ

サービスプロバイダー向けの高密度モジュラー型サーバー

HP ProLiant DL2000投入で1Uサーバーはお払い箱?

2010年12月15日 06時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

12月14日、日本ヒューレット・パッカードはサービスプロバイダー向けのモジュラー型サーバーとして「HP ProLiant DL2000 マルチノード サーバー(以下、HP ProLiant DL2000)」を発表した。

最大4ノードを搭載可能なモジュラー型サーバー

 HP ProLiant DL2000は、2Uラックマウント型のシャーシにサーバーノードを組み合わせるモジュール型サーバー。1台のシャーシ(名称:HP ProLiant e2000シャーシ)に高密度な1Uノードと拡張性重視の2Uノードの2種類のノード(名称:HP ProLiant DL170e G6サーバー)を搭載できる。1UノードはPCI-Express Gen2 x16ライザーカードを標準搭載しており、シャーシあたり4台搭載可能。一方の2UノードはPCIライザーカードを3枚を選択でき、シャーシあたり2台搭載可能となっている。各ノードは独立したメンテナンスが可能で、他のノードを停止する必要もない。

HP ProLiant e2000シャーシとHP ProLiant DL170e G6 1Uノード

 電源とファンを共有することで、より効率的な電源供給や冷却が可能になっているほか、電力制御機能によりシャーシ内の電力上限値を設定することができる。また、8基/16基/24基のSAS/SATA対応ディスクケージが用意されており、各ノードに対して均等に割り当てられる。8HDDケージ+4ノード構成では、ノードあたり2台のHDDが利用可能。また、24HDDケージ+2ノード構成では、ノードあたり12台のHDDを割り当てることができる。

日本ヒューレット・パッカード エンタープライズサーバー・ストレージ・ネットワーク事業統括 インダストリースタンダードサーバー製品本部 Service Provider & HPCビジネス市場開発 中井大士氏

 発表会において、サービスプロバイダー向け製品を担当する中井大士氏は、ホスティングやクラウド、オンラインゲーム、SNSなど、ますます拡大するサービスプロバイダー市場と製品について解説。HP ProLiant DL2000を高密度、省電力、管理性、標準性などを重視したサービスプロバイダーに特化した製品として紹介した。また、省電力や高密度、コストパフォーマンスを重視したモジュラー型サーバー「HP ProLiant SLシリーズ」に比べて、より標準的なスペックを持った製品と位置づけているという。「結局、サービスプロバイダー市場では、1Uのラックマウント型サーバーが一番売れています。こうした顧客をなるべくシームレスにこのDL2000へ移行させていきたい」(中井氏)とのことで、Xeon5600番台にも対応。ラックマウントサーバーと比べて遜色のないスペックを実現している。

1Uラックマウント型からの置き換えを狙い標準性重視

SLシリーズなども含めたプロバイダー向けのラインナップ

 価格はシャーシに1Uノードを4台搭載した構成で99万9600円(税込)となっている。

 また、製品とあわせて、利用頻度の高いオープンソースソフトウェアの技術支援を提供するサービスも発表された。対象となるのはRed Hat Enterprise Linux、CentOS、Debian GNU/Linux、Ubuntu Server、openSUSE、FreeBSDなどのOSや、Apache、JBoss、TomcatなどのWeb・アプリケーションサーバー、MySQL、PostgreSQLなどのデータベースなど多岐にわたる。

カテゴリートップへ

ピックアップ