このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

物欲AVコモノ道第78回

iPhoneで使えるワンセグチューナー「ちょいテレi」

2010年12月13日 12時00分更新

文● 川添貴生/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シンプルで分かりやすいアプリ

最初に行なうチャンネル設定の画面

 実際にiPhone 4にアプリをインストールして、本体をDock端子に接続すると、自動的にアプリが立ち上がった。最初に行なうのはチャンネル設定で、エリアや都道府県を選べば完了し、すぐに使い始められる。

ワンセグはフルスクリーン表示はもちろん、番組情報やチャンネルリストの表示も可能

ワンセグはフルスクリーン表示はもちろん、番組情報やチャンネルリストの表示も可能

 アプリは左にテレビ画面と番組情報、右にチャンネルリストを表示するというインターフェイスで、テレビ画面をタップすれば全画面表示に切り替わる。シンプルな分、使い方で迷うようなことはないだろう。

 アプリの機能は極めてシンプル。操作できるのはチャンネルの切り換えと字幕のオン/オフ、主音声/副音声の変更のみ。データ放送には非対応で、録画機能もない。

 ワンセグなので画質はそれなり。色再現などに違和感はないが、やはり解像度が低いためディテールの再現性は低い。またフレームレートが15fpsということで、動きの速いシーンも苦手。ただ、このあたりはワンセグの制限であり、割り切るしかないだろう。


コンパクトなボディで気軽に持ち出せるのがメリット

「TV&バッテリー」(左、右は無線LANルーター)

「TV&バッテリー」(左、右は無線LANルーター)

 現状「iPhoneでワンセグ」というと、ソフトバンクから提供されている「TV&バッテリー」(9840円、関連記事)が代表的な製品だろう。

 TV&バッテリーはワンセグチューナーとバッテリを組み合わせた機器で、ちょいテレiとの違いは、本体にダイレクトに接続するちょいテレiに対し、TV&バッテリーは単体で動作し、受信した映像や音声を無線LANでiPhoneに飛ばす点が挙げられる。

 ちょいテレiの本体はかなりコンパクトで、気軽に持ち出すことができる。一方TV&バッテリーは、iPhoneを充電できる外部バッテリーとしての側面もあることから、本体はそれなりに大きい。こうしたことを考えると、気軽に持ち運んで使えるのはちょいテレiだ。

 ただ、その一方でちょっと離れた場所なら受信できるのに、自分の席まで電波が届かないといったケースでは、TV&バッテリーの方が便利だ。本体は電波を受信できる窓際などに置き、そこから無線LAN経由でiPhoneに映像を飛ばすといった使い方ができるからだ。

 さらにTV&バッテリーなら、有償の「TVモバイル」を利用することにより、ワンセグ映像をインターネット経由で受信するといった使い方も可能である(ただし3G回線では視聴できない)。標準アプリである「テレビ」も、バージョンアップによって録画にも対応するなど着実に進化している。

 (発売されたばかりではあるが)その意味では、ちょいテレiの機能はかなり簡素である。その分、本体のコンパクトさが魅力の製品といえる。


■Amazon.co.jpで購入


■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

iPhone 11、ASCII徹底大特集!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中