このページの本文へ

スマートフォンとの組み合わせた販売も予定

ソフトバンクテレコム、Google Apps for Businessを提供

2010年12月09日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月8日、ソフトバンクテレコムは、企業向けクラウドコンピューティングサービス「ホワイトクラウド」に、2011年2月1日よりGoogleの「Google Apps for Business」を提供すると発表した。

企業向けクラウドコンピューティングサービス「ホワイトクラウド」に「Google Apps for Business」を提供

 これはホワイトクラウドのサービスとして、Google Apps for Businessを提供するというもの。クラウド事業の一環としてGoogleと提携することで、同社のサービスラインアップを順次拡充させるという。なお、利用料金については月額、年額の2つの契約形態を用意する予定だ。

 今回の提携で同社は、専任のセールスマーケティングやテクニカルサポート、導入支援サポートなどの組織を編成し、さまざまな顧客ニーズに対応したサービス、サポートを提供するとしている。また、企業顧客向けに、ソフトバンクモバイルより発売される最新のAndroid 2.2を搭載したスマートフォンと「Google Apps for Business」を組み合わせた販売も予定しているという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ