このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

「HIGH SPEED EXILIM」の「HDRアート」モードを試す

カシオ「EX-ZR10」を使って「コミPo!」の背景を絵画風に!

2010年12月08日 12時00分更新

文● 小林 伸、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

従来機から動画撮影機能が若干変更に

背面液晶モニターは3型で約46万ドットの解像度を持っている

背面液晶モニターは3型で約46万ドットの解像度を持っている

本体上部にステレオマイクを内蔵。動画撮影時にステレオ音声で収録できる

本体上部にステレオマイクを内蔵。動画撮影時にステレオ音声で収録できる

 EX-ZR10は約28mm~196mm(35mmフィルム換算)の光学7倍ズームレンズを搭載。超解像技術を採用するデジタルズーム「プレミアムズーム」併用時では、約14倍までの望遠撮影が可能だ。

電源は専用リチウムイオン充電地(NP-110)を使用。1回の充電で撮影可能な枚数は約290枚(CIPA準拠)となっている

 連写速度は最大40枚/秒と従来通りだが、動画撮影機能はHIGH SPEED EXILIMシリーズから若干変更されている。従来機では秒間最大1000コマ(224×64ドット)の撮影が可能だったハイスピードムービーは、EX-ZR10では秒間最大480コマ(224×160ドット)までと変更されている。

記事掲載当初、ハイスピードムービーの最大秒間コマ数に誤りがありました。お詫びして訂正いたします(2010年12月20日)

 また、フルHD解像度(1920×1080ドット/30fps)の動画撮影が行なえるのは従来機と同じだが、保存形式がMotionJPEGからMPEG-4 AVCに変更されている。


コンデジのオモシロ撮影機能も
侮れなくなってきた!?

カメラをスライドさせることで、360度のパノラマ画像を撮影できる「スライドパノラマ」も、引き続き搭載する

カメラをスライドさせることで、360度のパノラマ画像を撮影できる「スライドパノラマ」も、引き続き搭載する

 EX-ZR10のHDRアート機能は、被写体との相性がよければまさに絵画風の写真になる。具体的には、紅葉の風景や夕方の街並み、錆びた機械など、暖色系の被写体とは相性がいいと感じた。逆に蛍光灯下の室内など、白色系の照明下は苦手な印象だ。

 どちらにせよ、デジカメの自動処理でここまでできるのは大したものである。コミPo!も含め、ハードやツールを使いこなせば、誰でも簡単にアート作品が作れる時代が本格的に到来しているのかもしれない。


■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン