このページの本文へ

A4カラーレーザー複合機「KX-MC6280N」

パナソニック 、「ファクス見てから印刷」機能搭載の複合機

2010年12月08日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月6日、パナソニック システムネットワークスは、A4カラーレーザー複合機「KX-MC6280N」を2011年1月下旬より発売する。

A4カラーレーザー複合機「KX-MC6280N」

 KX-MC6280Nは、コンパクトな筺体にコピーやネットワークプリンター、ネットワークスキャナー、ファクス機能を搭載するA4カラーレーザー複合機。

 操作パネルに3.6型のカラー液晶画面を搭載し、各種設定などをイラストや設定メニューで確認してから操作できる。また、受信FAXの内容を3.6型のカラー液晶画面で確認してから印刷できる「ファクス見てから印刷」機能を搭載し、必要なものだけを印刷可能。これにより、用紙やトナーの使用量を削減してオフィスにおけるコストの低減にも貢献できるという。

 さらに、番号を2回入力しないと送信できない「直接ダイヤル再入力」やテンキー入力を制限できる「直接ダイヤル制限」や、宛先を再度確認しないと送信できない「宛先確認送信」などのFAX誤送信防止機能を搭載する。

 主な仕様は、印刷スピードはカラー/モノクロともに毎分20枚。本体サイズは幅520×奥行き438×高さ540mm、重量が約30kg。インターフェイスは100BASE-TX/10BASE-T、USB2.0に対応。価格は31万2900円。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ