このページの本文へ

年賀状はまだ間に合う! 1万円台複合機&プリンター紹介

2010年12月06日 12時00分更新

文● エースラッシュ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

大量プリントが楽な機種は?―「PX-203」「iP4800」

 大量の枚数をプリントする場合、何度も用紙を継ぎ足すのは面倒だ。1度に給紙できる量が多ければその分手間が少なくなるので、最大給紙量を確認しておきたい。

 カラリオ「PX-503A」「PX-203」、ピクサス「MG5130」「iP4830」の中で、最も大量に給紙できるのは「PX-203」だ。他機種がA4普通紙は最大150枚までなのに対して、「PX-203」は最大250枚の給紙が可能だ。普通紙/再生紙の250枚パックが丸々そのまま入れられるため、給紙の手間を軽減しやすい。

 また「PX-203」であれば、郵便はがきを1度に最大50枚セットできる。家庭によっては、継ぎ足しの給紙なしで年賀状印刷を済ませられるだろう。

「PX-203」の前面用紙トレイは、最大250枚をセットできる。郵便はがきの場合は最大50枚だ。これにより、継ぎ足しの手間なしでどんどん印刷できる

製品名 給紙枚数
カラリオ「PX-503A」 前面給紙A4最大150枚、または郵便はがき最大30枚
カラリオ「PX-203」 前面給紙A4最大250枚、または郵便はがき最大50枚
ピクサス「MG5130」 前面給紙(A4、A5、B5、レターのみ)と後トレイ計最大150枚/郵便はがきは後トレイのみで、最大40枚可能
ピクサス「iP4830」 前面給紙(A4、A5、B5、レターのみ)と後トレイ計最大150枚/郵便はがきは後トレイのみで、最大40枚可能

 一方、多少給紙の手間はかかっても高速に印刷したいという場合には「iP4800」がいいだろう。専用写真用紙にフチなし印刷をした場合、1枚約17秒と他機種の半分以下の速度だ。速度を取るか、手間を取るかの違いはあるが、やはり印刷効率を重視するならばプリンター専用機種を選んだ方が良いということがよくわかる。

製品名 印刷速度(標準)
カラリオ「PX-503A」 L判写真(フチなし/L判・写真用紙〈光沢〉):約56秒、A4・写真用紙〈光沢〉:約2分24秒
カラリオ「PX-203」 L判写真(フチなし/L判・写真用紙〈光沢〉:約56秒、A4・写真用紙〈光沢〉:約2分24秒
ピクサス「MG5130」 L判写真(フチなし/キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド):約33秒、A4・キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド:約1分25秒
ピクサス「iP4830」 L判写真(フチなし/キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド):約17秒、A4・キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド:約43秒

PCなしで写真印刷しやすいのは?―「PX-503A」「MG5130」

 デジタルカメラで撮影した写真を手軽にプリントしたいなら、ダイレクトプリント対応のカードスロットを搭載するカラリオ「PX-503A」、またはピクサス「MG5130」が便利だ。「PX-503A」は22タイプのメディアに対応しており、「MG5130」は20タイプをサポートしている。

カラリオ「PX-503A」のメディアスロットは、メモリースティック/メモリースティックPRO×1、SDメモリーカード/マルチメディアカード×1、xD-Pictureカード×1の合計3つだ

ピクサス「MG5130」はメモリースティック/メモリースティックPRO×1、SDメモリーカード/マルチメディアカード×1、xD-Pictureカード×1、CF/マイクロドライブ×1の4つ。またUSBポートを搭載している

製品名 ダイレクトプリント対応メディア
カラリオ「PX-503A」 メモリースティック/Duo/PRO/PRO-HG Duo/PRO Duo/マイクロ、マジックゲートメモリースティック/Duo、SD/SDHCメモリーカード、miniSD/miniSDHCカード、microSD/microSDHCカード、マルチメディアカード/プラス/モバイル/マイクロ、xD-Pictureカード/Type H/Type M/Type M+(専用アダプターが必要なメディア含む)
カラリオ「PX-203」 -
ピクサス「MG5130」 CFカード、マイクロドライブ、メモリースティック/Duo/PRO/PRO Duo/マイクロ、SD/SDHCメモリーカード、miniSD/miniSDHCカード、microSD/microSDHCカード、マルチメディアカード/プラス/モバイル、RS-マルチメディアカード、xD-Pictureカード/Type H/Type M(専用アダプターが必要なメディア含む)
ピクサス「iP4830」 -

 また「MG5130」「iP4830」は、PictBridgeもサポートしている。そのため、対応デジタルカメラがあればカメラとプリンターを直接ケーブルで接続してプリントすることが可能だ。

 このほか「MG5130」は、USBメモリーからの読み込みにも対応しているのがうれしい。撮影したばかりのデータだけでなく、お気に入りを保存してあるUSBメモリーを作っておけば、いつでも簡単にフォトプリントが楽しめるというわけだ。

スマートフォンから印刷しやすい機種は?―「PX-503A」

 最近人気のスマートフォンからプリントを行ないたいなら、iPhone/iPod touch/iPad向けと、Android向けの印刷用アプリが用意されているエプソンのカラリオ「PX-503A」がオススメだ。

 特にiPhone/iPod touch/iPad向けでは、写真プリントが行なえる「Epson iPrint」が無料で用意されており、手軽にチャレンジできて楽しい。「PX-503A」が無線LAN接続できているなら、iPhone/iPod touch/iPad側ではアプリをインストールするだけで、簡単に写真をプリントできる。

エプソンは写真プリントのみに対応する「Epson iPrint」を無料で用意。フチなしプリントなども指定できる

 写真以外のデータをプリントしたい場合には、iPhone/iPod touch/iPad用アプリ「ePrint」(350円)、Androidからプリントしたい場合には「CyPria」(450円)を利用するといい。それぞれ有料アプリだが、しっかり動作確認が取れており、安心して使えるのがうれしい。

Epson iPrint
作者 EPSON 価格無料
ファイル容量0.6MB カテゴリ写真
対応デバイスiPhone/iPod touch
およびiPad互換
対応OSiOS 3.1.3以降
ePrint
作者 Microtech 価格350円
ファイル容量5.6MB カテゴリユーティリティ
対応デバイスiPhone/iPod touch
およびiPad互換
対応OSiOS 3.0以降
ePrint Free
作者 Microtech 価格無料
ファイル容量4.6MB カテゴリユーティリティ
対応デバイスiPhone/iPod touch
およびiPad互換
対応OSiOS 3.0以降

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン