このページの本文へ

3D BDやSACD、ネットワークにも対応

デノンから多彩なBDプレーヤー「DBP-1611UD」が登場

2010年12月01日 15時03分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「DBP-1611UD」の前面。USB端子を装備し、USBメモリーに保存されたファイルの再生も可能
「DBP-1611UD」の前面。USB端子を装備し、USBメモリーに保存されたファイルの再生も可能

 デノンから、ユニバーサルBlu-ray Discプレーヤー「DBP-1611UD」が発表された。希望小売価格は5万2500円(実売価格4万円前後)で、12月下旬に発売となる。

 BDのほか、スーパーオーディオCDやDVD Video/Audioの再生に対応したユニバーサルプレーヤー。3D BDコンテンツの再生にも対応するほか、「DivX Plus HD」や「AVCHD」の再生も可能だ。さらにDVDメディアのディスクにHD映像を収録する「AVCREC」方式の再生にも、本機発売後のソフトウェアアップデートで対応する。

 ドライブは低重心設計で、シャーシにしっかり固定することで不要な振動を底部に逃がし、画質や音質への影響を抑えている。また、電源部やサーボ基板、ビデオ信号処理部、音声出力部などの各基板配置を分離させ、各部の干渉を防いだという。

 ネットワークにも対応しており、LAN内のNASなどに保存された音楽ファイル(MP3、WMA、AAC、WAV)や動画ファイル(DivX、MPEG-1/2/4、WMV9/9AP、AVI)、静止画ファイル(JPEG)の再生が可能。さらに、本機で直接「YouTube」にアクセスして動画を再生できる(発売後にソフトウェアアップデートで対応)。

 そのほか、DVDの映像(480i)をフルHD(1080p)に変換して出力するアップスケール機能などを搭載する。

本体背面。Ethernet端子を搭載し、「BD-Live」にも対応する
本体背面。Ethernet端子を搭載し、「BD-Live」にも対応する

 映像出力はHDMI、コンポーネント、コンポジットの端子を搭載。オーディオ出力は同軸デジタルとアナログ2chの端子を装備する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン